週プレNEWS TOP ニュース 民主党代表選「小沢を“刺した”のはCIA」との仰天情報

民主党代表選「小沢を“刺した”のはCIA」との仰天情報

[2010年09月28日]

代表選での圧勝を経て、「脱小沢」路線がより鮮明となった菅改造内閣。明暗がくっきり分かれた両者だが、日本国内に住む中国人コミュニティーからはこんな声が。

「民主党の代表選は、小沢か脱小沢かを争う選挙なんかじゃなかった。中国とアメリカによる日本の奪い合いだったんですよ」

米中が日本を奪い合うって、どーゆーこと!?
「小沢さんは親中国で、菅さんは親米。これは誰でも知っていることです。が、アメリカが小沢総理誕生を警戒して、以前から水面下で動いていたことを知る日本人は少ない。彼らは民主党が政権を奪取する前から小沢さんを表舞台から引きずり降ろすために、さまざまな裏工作をしていたんですよ」(在日中国人コミュニティーの若手リーダー・S氏)

政治にこうした“陰謀説”はつきものとはいえ、さらに衝撃的な情報も。
「小沢さんの不正土地取引に関する情報は、アメリカのCIAが日本の検察にリークしたものともっぱら。これによって小沢さんは民主党代表を辞任せざるをえなくなり、アメリカに留学経験のある鳩山さんが代表になった。
今回の代表選も同じです。菅さんに勝たせたいアメリカは、小沢さんの不倫疑惑写真をマスコミに流出させましたが、あれにもCIAがかんでいるともっぱら。当然、息のかかった日本人を通してマスコミにリークしているから、裏はとれませんが、このことは在日中国人コミュニティーの間では“事実”としてとらえられています」(S氏)

CIA!?  にわかには信じがたいものの、一部の在日中国人たちはこれらに対抗し、代表選で小沢を勝たせるべく動いたという。

中国系の二世で日本国籍を持つT氏がこう言う。
「ズバリ、選挙です。民主党の代表選は、外国籍でも選挙権があった。党のポリシーに賛同して2千円を払えば誰でも投票できたのです。
だから在日中国人コミュニティーの有志が中心となって、とにかく小沢を勝たせるためにさまざまな草の根運動をしたんです。僕らは日本で生まれ育っているから、日本人の友人や知人にも働きかけた」

でも結果は惨敗……。
「アメリカは国家機関であるCIAを動員したのに対し、中国共産党は動かなかった。もし中国共産党が、小沢さんを勝たせることによる国益をしっかりと認識して、菅さんを妨害したり小沢さんを支援すれば結果は違ったはず。在日中国人コミュニティーでは、中国共産党に対する怒りや失望の声が上がっています」

もし、これらが事実だとすれば、外国人の参政権が一切認められていない現在の日本において、事実上の総理大臣指名選挙に外国人が少なからず影響を及ぼしていたということになる。小沢か脱小沢かもいいけど、その前に議論すべき問題はたくさんあるんじゃないの?


関連コンテンツ

No.14 Apr 7th 2014

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!