週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 【アニメ】アニメビジネスのキホン、メディアミックスのお寒い現実

ニュース

【アニメ】アニメビジネスのキホン、メディアミックスのお寒い現実

[2010年10月14日]

先日、アニメ第2期も好評のうちに終わった『けいおん!』シリーズ。最新のデータでは、ブルーレイ&DVDが計68万本、シングル&アルバムCDが計210万枚、そして原作漫画が計225万部と、あらゆるメディアで大ヒットした。

このように、アニメビジネスは原作を出す出版社、アニメ制作会社、ビデオメーカーなど、作品に出資した企業がメディアミックスを行なっていくのがキホン。だが、現在のシステムでは、その軸となるアニメ作品の内容がお粗末な理由で改悪される場合があるという。

「アニメ化する際に最も多く出資するのは、主にビデオメーカー。ただし、ほかのメディアでいくらヒットしようが、ビデオメーカーにはブルーレイ&DVDの売り上げしか入ってきませんから、どこもソフトを売るのに必死。

例えば、良作として文化庁の推薦も受けた『ストライクウィッチーズ』でさえ、地上波放送時にきわどいエロシーンをわざと不自然な光でボカしておいて、ブルーレイ&DVDでだけ鮮明に見られるようにするといった演出をしつこく挟み込んでいる(笑)。これが深夜アニメの常套手段ですよ」(アニメ誌編集者)

全視聴者のうち数パーセントにも満たないといわれるブルーレイ&DVD購入者。いくらメディアミックスで成功するためだとしても、ソフトを売るためだけに作品の内容まで変えられてしまったとしたら、大多数の視聴者にとっては残念な話である。

(文/西中賢治)


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18