週プレNEWS TOP 連載コラム 女子アナマル秘ジャーナル 近頃はタメ息ばかり……。本田朋子アナが長谷部誠と破局していた!

連載コラム

近頃はタメ息ばかり……。本田朋子アナが長谷部誠と破局していた!

[2010年10月26日]

新生サッカー日本代表・ザックジャパンの好発進に日本中が歓喜するなか、浮かない顔をするひとりの女子アナがいた。フジテレビの本田朋子アナだ。

彼女はザックジャパンの主将を務める長谷部誠(ヴォルフスブルク)と4年来の交際を続けており、結婚間近とまでいわれていたはず。本来であれば、恋人の活躍を手放しで喜んでもおかしくないのだが……。

「実はあのふたり、もう終わっているんですよ」

そう話すのは、内情をよく知るサッカー日本代表の関係者だ。なんでも、8月末にふたりは破局を迎え、それ以降はお互いに距離を置いている状態だという。水面下でいったい何があったのか。まず、フジテレビ局員が証言する。

「W杯期間中は仲が良かったんですけどね。実際、本田アナの担当番組『すぽると!』の反省会などで、ことあるごとに共演の三宅正治アナから『そろそろ(結婚)じゃないの?』ってツッコまれていたんですが、いつもまんざらじゃなさそうにニコニコしていましたから。あの雰囲気を見る限り、交際は順調なんだなって思いましたよ」

そんなラブラブな関係に亀裂が入り始めたのは、W杯も終わり一段落した後のこと。前出の日本代表関係者が語る。

「この夏、ふたりは前監督の岡田武史さんを招いて食事会を開いているんです。婚約報告というわけではなかったんですが、彼女はすっかりその気になってしまい、執拗に結婚を迫ったとか。ところが、長谷部にはまだ結婚願望がなかったようで……」

そうした考え方の違いからケンカが絶えなくなり、徐々に険悪なムードになっていったという。とはいえ、それ以前にも火種はあったようだ。別のフジテレビ局員が話す。

「彼女は生粋の恋愛体質で、カレがほかの女性と会話しただけでヤキモチを焼くんです。メールは昼夜問わず送っているし、電話も多いときは一日に3、4回はしていたみたい。付き合ったばかりならまだしも、それが何年も続いたら、男はさすがに辟易しちゃいますよね(苦笑)」

幸せの絶頂にあったはずが、一転して破局というまさかの結末……。彼女の胸の内は、推して知るべしだろう。

「はたから見ていても、かなり落ち込んでいるのがわかりますよ。いつも元気な彼女が取材に行っても覇気がないし、タメ息ばかりついていますから」(フジ関係者)

失恋の痛手から早く立ち直ってもらいたいものだ。


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48