週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 【アニメ】アニメ・マンガ規制案の反対集会で民主党の都議が“条例賛成”を明言

ニュース

【アニメ】アニメ・マンガ規制案の反対集会で民主党の都議が“条例賛成”を明言

[2010年12月14日]

特集記事でも大々的にお伝えしている「東京都青少年健全育成条例改正案」。これが通れば、マンガやアニメのなかでも、犯罪や近親相姦を描いた作品は規制されてしまうというトンデモな条例だ。

去る12月6日、これに反対する識者らが呼びかけた集会が都内で開催された。漫画家・とりみき氏、評論家・呉智英氏らがそれぞれ反対の意見を発表するなか、会場に来た国会議員や東京都の都議会議員も次々と登壇し見解を述べた。

今回の条例が成立するかどうかは、都議会で最大派閥の民主党の動きにかかっているが、その党内の意見を取りまとめている浅野克彦都議は、「私は(条例案を)通してもいいと思っている」と初めてはっきりと発言。

フィギュア製作を中心に、アニメへの出資や制作など、広くアニメにかかわる大手メーカー、グッドスマイルカンパニーの代表・安藝貴範氏は、この事態を憂慮する。

「犯罪や残酷描写は、社会をリアルに描けば当然出てくるもの。確かに、エロばっかり描いているアニメもありますが、日本のサブカルチャーが元気なのは、そんなモラルの外れたものも存在する自由さがあるからじゃないでしょうか。それを殺したら、アニメを利用した『クール・ジャパン』なんていう政策を自ら否定することになりますよ」

しかし、今のところアニメ業界からの目立った反応がないのが残念なところだ……。


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18