週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 【インタビュー】名古屋市長 河村たかし「名古屋の新名物は『ホンモノの民主主義』だがね!」[前編]

ニュース

【インタビュー】名古屋市長 河村たかし「名古屋の新名物は『ホンモノの民主主義』だがね!」[前編]

[2011年03月03日]

有言実行市長、河村たかしが「おみゃーに聞きてえ」と政治家の存在意義を語る!

河村たかし名古屋市長の言動にはブレがない。「市長は市民の血税で贅沢してはいかん」と言い、年間約2700万円あった市長の給与を800万円にまで減額。「恒久減税の公約を守れんかったら名古屋港か堀川に沈めてちょう(くれ)!」と言い、恒久減税を認めようとしない市議会のリコールのために署名活動を市民に呼びかける。

さらには議会の反対を押し切って市長を辞職し「再び民意を問う」と市長選に出馬した。時に強引すぎる手法がマスコミから批判され、“出身地”である民主党からも三行半を突きつけられたが、それでもまったく揺らぐことがない。そして前代未聞の県知事選・市長選・リコール住民投票のトリプル選挙で市民の圧倒的な支持を受け、再選を果たした。

今、日本で最も注目されている“最強の市長”である河村たかし、日本の政治のあるべき姿について大いに語る。

――まず圧勝だった市長選の感想を聞かせてください。勝因はなんでしょう?

河村 今の政治が自民党だの民主党だの政権交代を争うだけの団体戦をやっとるだけで、税金を1%でも下げようとしない。で、議員たちは質素にやっとるかというと、まー、立派な家業になってまったもんで、辞めようなんて考えやせん。そんな議員に対する不信が市民のなかに渦巻いとったっちゅうことやね。

――民主党も最初は河村さんのように、そういった政治の古い体質を打破してくれるんじゃないかと期待されていたんですが、今となっては……。

河村 民主党も自民党も一緒。どちらも問題点は共通しとる。それは「政治でメシを食っている」ということ。政治家が職業になって身分保障されてしまったら、彼らは保身に走りますよね? 議員っていうのは極楽ですよ。国民から税金を強制的に取れて、それで生活ができるんですから。市民の血税を絞るだけ絞っておいてよ、“議員ベルサイユ宮殿”に入ってよ、そのまま一生を終えたいっていうのもたくさんおるがね。

世界を見てみれば議員はみなボランティア。政治っちゅーのは早く辞めたくなる仕事にならんと。そしたら10年やったら次の人に代わるようになる。能力がある人だけ何人か残ればいいんです。2世3世と一家で受け継ぐのはおかしい。日本だけですよ、議員が職業になっているのは。議員がボランティアになると行政のチェックがきちんとできず、市長の言いなりになるとか言われたけど、冗談じゃないですよ。利害がないんだから、市長がどうこう言おうと「何言っとるんですか、市長」ってことになるだけ。

ところで、おみゃーに聞きてえんだが、議員ってなんのためにおると思う?

――……国民生活を守るためですか?

河村 何とろくさいこと言っとんの。政治やっとる人がみんないなくなったって何が困る? 明日、地下鉄が止まるかね? ゴミ収集車が来んくなるかね? これらはみんな役人の仕事だがね。誰も困りゃせん。じゃあ、なんのためにある?

――うーん……。

河村 「そんな問いを残して、夜の街に河村たかしは消えていった……」。こんな締めでどうや?(笑)

――すみません(笑)。教えてください。

河村 答えはな、減税するためにあるんだわ。“王様”が政治やっとるとよ、自分のために、どうしても税金を上げようとするわけですよ。だから納税者の代表がそれを防ぐ。それが議員の本来の姿なんだわ。だから、その議員が税金で身分保障されるっていうのは絶対にいかんことなんよ。

――日本では増税することが当たり前のような空気になっていますね。

河村 みんなだまされとるでいかんわ。例えば商売には競争相手がおるわけだ。その競争相手に勝つために商品の値下げをして頑張るわな。なんで政治がそれをやらんでもええということになっとる? なんでよりよい公共サービスをより安く提供しようとしない? 「民間と政治は違う」って言われたけどな、何を言っとるって話だわ。わかりやすい話をするとな、水道料金は一種の税金でしょ? 例えば、ある街で世帯数が倍になったとしますよね、そしたら役所に水道料金は倍入ってくるわな。だけど、水道管は倍いるかね?

――いりませんね。

河村 だろ? じゃあ、水道局の職員は倍いるかね?

――確実にいりません。

河村 いらんわな。名古屋は去年の秋から水道料金を下げた。民間企業だと当たり前のことだけど、大きくなるとスケールメリットが働いて原価が下がる。で、その分を値下げに転化するわけだ。だから国は値下げをしていない分、税金は余っとるんです。なのに議員らは「足りない、足りない」って言っとる。

――ただ、日本には多額の借金があります。はたから見れば増税はしょうがないという気がしますが……。

河村 それは順序が逆だがね。まずは減税。そしたら限られた金のなかで議員たちは何が必要で何が必要ないか考えるでしょ? 減税あってこその行財政改革なんよ。

※[後編]に続く

(撮影/髙橋定敬)

河村たかし
1948年生まれ、愛知県名古屋市出身。93年、衆議院議員初当選。2009年に名古屋市長に就任。市議会と政策をめぐって対立し、11年1月に辞職。同年2月に行なわれた出直し市長選で再選を果たした。地域政党「減税日本」代表。


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 11th 2O18 no.24
  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.24

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018