週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 賢い「食べログ」の使い方は、信用できるレビューを見つけること

ニュース

賢い「食べログ」の使い方は、信用できるレビューを見つけること

[2011年11月23日]

今や飲食店選びに欠かせない存在となった「食べログ」。だが、一部ユーザーたちによる悪意あるレビューなどが原因で、正しい評価が行なわれているとは言い難いお店も多い。数多くのレビューのなかから、本当に信頼できるものを見分けるにはどうすればいいのだろうか。

グルメライターの松本哲也氏は「実績あるレビュアーのなかから、自分の食の趣向に合った人を見つけると店選びがラクになる」として、こうアドバイスする。

「食べログには約300万件近くのレビューが書き込まれていて、いちいちそれを読んでいくのは大変ですよね。だったら、自分の味覚や考え方に合ったレビュアーを探し、高い点数をつけたお店に行くとハズレがない。私個人で言うなら、和食やイタリアン、ラーメンというふうに、各ジャンルごとに信用できるレビュアーを見つけました。おかげで店選びで失敗したことはほとんどないですね」

また、ラーメンライターのS氏はこんなルールを独自に設けているという。

「店選びをするとき、食べログを参考にしているんですけど、東京や大阪などの大都市なら50件以上、地方都市なら20件以上のレビューがあって、3.5点以上の店に行くようにしています。ラーメン好きはシビアだから、すぐに辛口の点数をつける。だから、多くのレビューがあって評価も良ければ、かなりの確率でおいしいお店にあたりますよ」

反対に、高級レストランなどではあまり点数を鵜呑みにするべきではないと料理評論家の友里征耶氏は語る。

「よほどのお金持ちじゃない限り、高級レストランに行くのは何かの記念日という場合が多い。味より雰囲気が重視されるので、必然的に高い点数がつきやすいんですよ。高級店は失敗すると精神的にも金銭的にもダメージが大きいので、ちゃんと調べていった方が身のためです」

さらに、ごく一部ではあるが、点数を高くするための“ヤラセレビュー”も存在する。B級グルメ研究家の柳生九兵衛氏は「点数が低いレビューが多いなかで、まるで取材したかのように、調理工程から素材に至るまで詳しすぎる高評価のレビューがあるお店」には注意が必要だと指摘する。

実際にお店を利用した人の声がわかることで人気となった食べログだが、ユーザーが増えた分、さまざまな問題も起こっている。“正しいレビュー”を見つけることが、食べログ利用の第一歩ということだ。

(取材/高篠友一)


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!