週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル クリスマスイブは誰と過ごす? 女性「恋人と」38%、男性「ひとり」46%

クリスマスイブは誰と過ごす? 女性「恋人と」38%、男性「ひとり」46%

[2011年12月09日]

先月、国立社会保障・人口問題研究所が発表した「出生動向基本調査」が話題を集めている。この調査によると、異性の交際相手がいない18~34歳の未婚者は、男性で61.4%、女性で49.5%。さらに性経験のない未婚者に至っては、男性は36.2%、女性で38.7%と「18~34歳の3人に1人が童貞・処女」という高い数値を示したのだ。

世の中には意外と「非リア充」な男女が多いと胸をなでおろした人も少なくないだろうが、そんな人々にとって「勝負」となる日がクリスマス。さぞかし恋人と過ごす若者が多いのかと思いきや、こちらも上記の調査を反映したかのような結果に。

本誌取材班が20~30代の独身男女を対象に行なった「今年のクリスマス3連休を誰と過ごすか」というアンケートによると、男性は約半数(46%)が「ひとりで過ごす」と回答。「恋人と過ごす」と回答した人は約20%に留まった。

女性も「恋人と過ごす」と回答した人は約38%と半分以下。ただし、3連休の最終日である25日のみ「家族と過ごす」が37%で1位に。この「25日は家族で」という本当の理由を、恋愛評論家の島田佳奈さんはこう解説する。

「まず、彼氏のいる人が25日を空けているのは3連休の最後の日だからです。3連休の最後の日を家で過ごす人は、クリスマスに限らず多いんですよ。翌日に仕事があるので家でゆっくりしたいと思うのでしょう。でも、これは実は彼氏の都合なんです。『お互い家で過ごそう』と言い出すのは彼氏からの方が多いんです」

ところがこの、カップルがお互いに家で過ごすはずの12月25日、「嫌いじゃない男性の友達から『25日に遊ぼう』言われたら、一緒に過ごしますか?」という質問に、彼氏がいる人も含めて実に54.5%の女性が『過ごす』と答えているのだ。

この女性心理について、前出の島田さんは「やはり12月25日はクリスマス当日。いつもの日曜日とは違う」と、誘いに応じる理由を語る。

「ただでさえ最近は女性を誘う男性が減っていますから、1%でも好きになる可能性がある男性なら、クリスマスだし、とりあえず誘いに乗ってみようという気になりますよ。今年の12月25日は、1年の間でデートに誘って1番成功しやすい日じゃないですか」(島田さん)

今年のクリスマスに恋人と過ごさない女性は、アンケートによると6割。この日に勇気を出せるかが、リア充と非リア充の分かれ目になりそうだ。

(取材/村上隆保)


関連コンテンツ

No.14 Apr 7th 2014

コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】こんな浅川見たことない! 浅川梨奈の最高傑作!

もっと見る

Back Number

  • No.15 Apr 10th 2017
  • No.14 Apr 3rd 2017
  • No.13 Mar 27th 2017
  • No.12 Mar 20th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊NEW YEAR2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.15