週プレNEWS TOP ニュース アイドル 「クラッシュ! 逆走!」東京モーターショーで乃木坂46が本気バトル

ニュース

「クラッシュ! 逆走!」東京モーターショーで乃木坂46が本気バトル

[2011年12月13日]

東京モーターショー2011最終日に乃木坂46が登場。『グランツーリスモ5』で、乱闘寸前のガチバトルを繰り広げた

『第42回東京モーターショー2011』最終日の11日(日)、AKB48の公式ライバルである乃木坂46がゲスト出演し、PS3ソフト『グランツーリスモ5』で真剣バトルを繰り広げた。

バトルに参加したのはメンバー33人のなかから、予選を通過した松村沙友里(予選1位)、斉藤優里(予選2位)、衛藤美彩(予選3位)、星野みなみ(予選4位)、齊藤飛鳥(予選5位)、白石麻衣(予選6位)、井上小百合(予選7位)と、ゲームオタクということでシードで出場した岩瀬佑美子の8名。

岩瀬が予選免除ということを知った他のメンバーは「ずるい!」「予選8位のせいらりん(永島聖羅)がかわいそう」とブーイング。だが乃木坂イチのゲーマーである岩瀬は「ゲーオタって言っている成果を見せたい!」と力強くアピール。

ゲームはAグループ(松村、斉藤(優)、衛藤、星野)とBグループ(齋藤(飛)、白石、井上、岩瀬)に分かれ、1周ごとにプレイヤーを交代して先にゴールしたほうが勝ち。

一人目は松村と齋藤(飛)。反抗期に入った弟との唯一のコミュニケーション手段がゲームという松村がその腕を見せ、10秒近くの差をつけバトンタッチ。二人目は斉藤(優)が途中クラッシュし逆走。そこをひたすら冷静に操作する白石が追い抜く。だが予選2位の斉藤(優)が持ち直し再び逆転。3人目の衛藤と井上のバトルは、衛藤が今回のベストラップで走りその差を30秒近く広げる。ラストの星野と岩瀬対決。コントローラーを右に左に体ごと傾け大あわての星野がクラッシュして逆走。岩瀬の大逆転チャンスかと思いきや、付き合うように壁にクラッシュ。そのままゲーオタとしての力をまったく見せられず惨敗し、罰ゲームのフラフープを全員の前で見せた。

イベント終了後には握手会が行われ、若月佑美をのぞく32名が参加。集まった1000人のファンと交流を楽しんだ。

会場を通りかかった自動車ファンからは「あれってAKB?」「かわいいコいるね」といった声もあがり、いつもとは違う環境で新たなファン獲得につながるイベントとなったようだ。

(取材・文・撮影/関根弘康)


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017