週プレNEWS TOP 連載コラム 女子アナマル秘ジャーナル 熱愛・結婚・退社・失言……いろんな意味で一番輝いたのは!?「週プレ女子アナアワード」

連載コラム

熱愛・結婚・退社・失言……いろんな意味で一番輝いたのは!?「週プレ女子アナアワード」

[2011年12月29日]

今年もたくさん話題を振りまいてくれた女子アナさんたち。スキャンダル賞、フリーアナ賞、そして新人賞などを、勝手に週プレが選定しちゃいました!

看板アナが退社したり、清純派アナの熱愛が発覚したりと、なんだかんだで2011年も話題の多かった女子アナ業界。そこで今回、そんなお騒がせ女子アナたちの“活躍ぶり”を振り返り、部門別に週プレが勝手に表彰した!!

まずはスキャンダル部門から見ていこう。今年は春先まで熱愛報道が少なかったが、夏場あたりから猛ラッシュ。例年と比べても、芸能マスコミをにぎわせる頻度が高かったようだ。女子アナ評論家の丸山大次郎氏が解説する。

「『NHKニュース7』の気象予報士で、“7時28分の恋人”として人気を集めた半井小絵(なからい・さえ)アナの不倫愛が2月に報じられ、その後も人気アナたちの熱愛が続々と発覚。フジテレビ・高橋真麻(まあさ)アナの初熱愛をはじめ、日テレ・葉山エレーヌアナとコワモテ音楽プロデューサーの沖縄旅行など、インパクトのあるスキャンダルが多かったのも今年の特徴です」

そうしたなかで、丸山氏が特に注目した女子アナがいるという。ふた股愛を写真誌に報じられたテレビ東京の相内優香(あいうち・ゆうか)アナだ。

「同僚と交際していながら、20歳のプロ卓球選手とも親密な関係になっていたんですよね。まるで官能小説の世界ですよ。それに加えて、その選手が『栄養管理を頼んだだけ。恋愛関係はない』と弁明したのがいい。悪女に言いくるめられた感があって、いろんな妄想が広がります(笑)」

というわけで、スキャンダル部門賞は相内優香アナに決定!

では、次にフリーアナ部門。今年はアヤパンこと高島彩アナを皮切りに、日本テレビの西尾由佳理アナ夏目三久アナもフリーに転向している。

「2011年は“フリーアナの年だった”といえる」そう話すのは、フリーランスのテレビプロデューサーだ。

「やはり特筆すべきはアヤパンですよ。秋からレギュラー番組を2本持っていますし、CMも花王やサントリーといった大企業と契約中。年収はすでに5000万円以上という話です。また、かねて交際していた、ゆず・北川悠仁(ゆうじん)と10月に結婚しました。完全に勝ち組です」

西尾アナも11月からトヨタ自動車のCMに出演しているが、まだ本格始動したばかり。今年最も活躍したフリーアナは、やはりアヤパンをおいてほかに見当たらないだろう。

続いて、女子アナたちが本番中に思わず言っちゃったNG発言部門。まずは、今年どのような発言があったのかプレイバック!

トップバッターはテレビ朝日の竹内由恵(よしえ)アナ。深夜番組『さきっちょ☆』で共演者に「初キスはいつだった?」と聞かれ……。

「中学2、3年生のとき。相手は同じ塾に通っていた男子で……」と、口ごもりながら告白したのだ。恥ずかしそうな竹内アナの表情に萌えた視聴者も多いのでは?

キス・エピソードを披露した女子アナはほかにもいる。カトパンこと加藤綾子アナ(フジテレビ)は、『ホンマでっか!? TV』でこんな話を披露!

「かき氷やアイスを食べた後のキスは冷たくて、やっぱり印象に残っていますよね」いったい、どんなシチュエーションでキスしたのか気になるところだ。

テレビ東京の大江麻理子アナは、なんとバストサイズを番組で公表。『モヤモヤさまぁ~ず2』で下着の卸問屋に立ち寄ったときのことだ。

「私、Cカップでアンダーが65cmなんです。ウソじゃないですよ、本当です!」ド~ンと胸を張った大江アナが印象的だった。

今年も数々のNG発言が生み出されたが、一番スゴかったのはNHK有働(うどう)由美子アナのこのリポートではないだろうか。朝の情報番組『あさイチ』で“膣トレ”に挑戦した彼女は……。

「(膣トレ用に開発されたイス型の磁気治療器に座り)あ、あん、なんかピクピクする。これは初めての感覚~」 と、アエギ声のような嬌声(きょうせい)を漏らしてしまったのだ。朝からヤリすぎですっ!

そして最後は新人賞の発表! 今年は元モー娘。の紺野あさ美アナ(テレビ東京/写真)や京都大学卒業の才媛・青山愛(めぐみ)アナ(テレビ朝日)ら、未来の女子アナ界を背負(しょ)って立つ逸材ぞろいだったが……。

「新人アナの中では、フジテレビの三田友梨佳(ゆりか)アナが頭ひとつ抜けていると思います。10月にデビューするなり、『笑っていいとも!』など4本のレギュラー番組を担当。しかも、深夜番組で五木ひろしや少女時代のモノマネを披露するなど、バラエティ番組向きの性格をしている。アヤパンの新人時代にとても似ているんですよ。早ければ、来年のうちに大ブレイクするはず」(前出・丸山氏)

世代交代が進んだことで、スター候補生が次々と誕生。新たな女子アナブームが始まろうとしている!?


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018