週プレNEWS TOP ニュース ビジネス 20代のベストセラービジネス書、著者・千田琢哉「失敗の“数”ではなく“率”を減らすことが重要」

ニュース

20代のベストセラービジネス書、著者・千田琢哉「失敗の“数”ではなく“率”を減らすことが重要」

[2012年01月17日]

「九九%の人は、準備だけで人生を終えてしまう。」――、心に刺さる100の言葉を発信する著者が送る20代へのメッセージは、「経験値を上げよ」

大学時代1万冊の書籍を読破し、現在は文筆家・経営コンサルタントとして活躍する千田琢哉さん。20万部に迫るベストセラーとなった『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』(かんき出版)は、世の偉人の名言集ではなく、千田琢哉発信の熱いメッセージ集だ。

「大学卒業後、経営トップと出会うことの多い損害保険会社本部に就職したのですが、最短出世で課長が34歳という大企業の現実に直面し、経営コンサルティング会社へ転職。現在までにのべ1万人を超えるビジネスパーソンと語り合ってきました。この本に集めた言葉は、今日まで対話したひとりひとりの悩みを聞き、答えてきたなかで培われたもの。すべての言葉を書くとき、必ず特定の誰かの表情が浮かんでいました。飾り立てることもないシンプルで直球の言葉だから、多くの読者に受け入れられたのかもしれません」

読者の中心は20代だが、30代、40代にもファンは多い。

「タイトルにつけた“20代”は、年齢の区切りではなく『自分を変える決断のできる人』という意味。私は、『今日から変わろう、変わりたい』という決断ができる人に向けて書いている。60代でも70代でも意志があれば、20代です。一方で、実年齢の20代に読者が多い理由は、『嫌われたくない村』で暮らすことに疲れた人たちが増えているからでしょう」

嫌われたくない村?

「友達に嫌われたくないから同じファッションをする。同僚に嫌われたくないからノンアルコールビールで酒に付き合う。女性に嫌われたくないからガツガツしない。私は彼らを“ヒツジ”と呼んでますが、皆が嫌われないことが大事なヒツジ村から飛び出したいと願う層もいる。私の本を買ってくれるのはライオンに生まれ変わりたいヒツジたち。彼らが『群れるな』『決断しろ』という言葉に反応してくれているのでしょう」

人生、仕事といった章に分けられた「100の言葉」は簡潔。読み手をモチベートする言葉を生み出す原点は、コンサルティング会社で過ごした20代にあった。

「転職直後、周りは優秀なヤツばかりで勝ち目がないなと。どうすれば生き残れるか必死に考えました。あるとき、同じチームにいた優等生が3ヵ月の調査結果をまとめた300ページの報告書を上げてきた。でもわかりにくくて3行でわかるキャッチコピーをつけてみたら、それがコンサルティング先で評判に。社長さんたちは分厚い報告書など求めてなくて、あれはコンサル側の『仕事しました』というアピールにすぎないと気づいたんです。

重要なのは、読み手の全身に電流が走るようなアウトプット。今回の本も同じ仕掛けになっています。普通、ビジネス書や小説は半日、一日かけて読むもの。でも、線を引くのは数ヵ所だし、10年後に心に残るのはワンフレーズくらい。だから、私は自分の強みを生かすため、読者が全ページに線を引きたくなるようにしようと思いました」

では、心を動かされた読者に、どういう変化を期待している?

「読書は、経験から学ぶスピードを早め、失敗の率を減らしてくれる。ここでポイントになるのが、減るのは“率”であって、失敗の“数”自体は増えるということ。なぜなら、本を読んだ人は好奇心が増していき、人より動くようになるから。20代に1000新しいことに挑戦して、10失敗したら、失敗率は1%。でも、100しか挑戦せずに、10失敗したら10%。同じ10の失敗でも動いたヤツが得る経験値は、はるかに大きなものになる。読者にはそういう10年間を歩んでほしいですね」

(取材・文/佐口賢作、撮影/本田雄士)

千田琢哉(せんだ・たくや)
次世代創造館代表、イノベーション・クリエイター。愛知県出身。東北大学卒業後、日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。これまで3300人のエグゼクティブと1万人を超えるビジネスパーソンと対話を重ねてきた経験を生かし、執筆、講演、コンサルティングなどの活動を行なっている。2011年に送り出した著作はなんと19冊

『20代で人生の年収は9割決まる』『20代で知っておきたいお金のこと』『評価経済社会』『脱貧困の経済学』『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』ほか、週刊プレイボーイ5号12ページ特集『20代のためのビジネス書 これが最新定番だ!』


関連コンテンツ

No.29 Jul 17th 2017

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017