週プレNEWS TOP ニュース 巨大噴火の前兆か。鹿児島・桜島の爆発的噴火回数が観測史上最速レベルに

巨大噴火の前兆か。鹿児島・桜島の爆発的噴火回数が観測史上最速レベルに

[2012年01月31日]

1月26日、鹿児島県と宮崎県の県境に位置する霧島山・新燃岳(しんもえだけ)が52年ぶりの爆発的噴火を観測してから、ちょうど1年がたった。

現在も再噴火の可能性が指摘されており、近隣住民にとって予断を許さない状況が続いているが、爆発的噴火が危惧されているのは霧島山・新燃岳だけではない。実は、同じマグマだまりを共有する鹿児島県・桜島の噴火活動が、例年にないほど活発化しているのだ。

桜島といえば、噴煙を上げる姿が鹿児島のシンボルでもある活火山。1月14日には今年100回目となる爆発的噴火が発生しているが、年明けから半月もたたずに100回を超えたのは、なんと1955年の観測開始以来、最速なのだ。

九州地方で何度も起きてきた「破局噴火」をテーマに、『死都日本』(講談社)などの小説作品を発表してきた火山研究者・石黒耀氏は、九州だけでなく日本中を混乱に陥れる巨大噴火災害の危機が、今やフィクションで描いた内容に重なりつつあると語る。

「桜島と新燃岳のマグマだまりは鹿児島湾北部直下約10kmに潜んでいますが、その下から供給されるマグマ量は両火山の噴出物量をはるかに上回り、その証拠に湾内海底では不気味な隆起が始まっています。私は、この湾北部と重なる直径約23kmの巨大カルデラ(姶良カルデラ)で2万年前頃に起きた破局噴火の迫力に思いを馳せて小説を書きましたが、このままマグマ量が増え続ければ、九州だけでなく日本広域に火山噴出物をまき散らす超巨大噴火が近々に再発しかねない」

現在も全国各地で余震が続く日本列島。東日本大震災で発生した強力な圧力エネルギーは、日本全域の火山活動を活性化させる引き金にもなってしまったようだ。

(取材/有賀 訓、取材協力/辻 維周)


関連コンテンツ

No.14 Apr 7th 2014

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017