週プレNEWS TOP ニュース 社会 当たれば数十億円。「アニメ町おこし」、成功するのはどこだ?

ニュース

当たれば数十億円。「アニメ町おこし」、成功するのはどこだ?

[2012年04月11日]

千葉県鴨川市を舞台にした『輪廻のラグランジェ』。『らき☆すた』をきっかけに、アニメで町おこしする自治体が増えている(c)ラグランジェ・プロジェクト

地方を題材にしたアニメで、町おこしを図る自治体が増えている。千葉県鴨川市を舞台にした『輪廻のラグランジェ』(第1期は12年1~3月放送、第2期は同7~9月放送予定)や、静岡県下田市を舞台にした『夏色キセキ』は、放送前から現地とアニメ制作側が関わりを持ち、コラボ商品の展開や現地企業との協力が行なわれている。

こうしたアニメ町おこしが世間的にクローズアップされたのは、07年に放送された『らき☆すた』がきっかけだろう。舞台となった埼玉県久喜市(当時は鷲宮町)の行政に問い合わせ、経済波及効果を算出したところ、放送後3年間で推定22億円の経済効果が認められた。

また、『戦国BASARA』に登場する実在の武将・片倉小十郎にゆかりのある宮城県白石市は、歴女ブームなども手伝って、放送後2年で推定4億を超える経済効果があった。

「ただ、僕らファンの印象としては、成功した自治体って良くも悪くも“行政後追い”だった気がします。作品の人気、立地の良さなどから、たくさんのファンが聖地巡礼に訪れるということがあった上で、そのファンを“もてなして”くれるような町でないと、なかなか成功しないんじゃないかな。僕らは作品に描かれたそのままの姿の街が好きなのであって、いきなり企業が出てきたり、街の景観が変わってしまったりするのは、本末転倒ですから」(日本各地を聖地巡礼に訪れるファン)

実は、アニメ町おこしの可能性については、すでに官庁から「コンテンツツーリズム」という提案がなされている。簡単に言うと、名産品や名所といった「モノ」ではなく、コンテンツの持つ「イメージ」や「物語性」を地域への呼び水にするという提案であった。

その原点に立ち戻るならば、新しいアニメ町おこしとは、まずはその地域にある物語を生かすものではないだろうか? そういった意味では、近未来を舞台にしたロボットSFながら、沖縄という土地の歴史とリンクしつつ物語が進むと予想される『エウレカセブンAO』は、アニメ町おこしという点でも期待できるかもしれない。

(取材・文/西中賢治)

新作紹介からヒロイン決定戦、マニア対談、映画まで。週刊プレイボーイ17号12ページ特集『ゼッタイ見逃せない春アニメ大特集』


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!