週プレNEWS TOP ニュース 日本酒醸造元で生産される国産マッコリ「和っこり」が人気上昇中

日本酒醸造元で生産される国産マッコリ「和っこり」が人気上昇中

[2012年04月17日]

今、人気のお酒「マッコリ」。韓国のお酒だが、実はこれらは「日本製」。今、増えつつある国産マッコリ、その人気の理由とは?

今、女性を中心に人気のお酒、マッコリ。本来は韓国農村部由来の大衆酒である濁(にご)り酒だが、昨年3月に発売されたサントリーの「ソウルマッコリ」が大ヒット、今では街にマッコリ・バーなるものまで出現するほどの人気となっている。

だが、昔からのマッコリ愛好者や食通に言わせると、最近のマッコリは味が落ちてきているとのこと。そのウワサは本当か、ある酒造メーカー関係者が明かす。

「実は、現在流通されている韓国産マッコリの多くにはアセスルファムカリウムやアスパルテームなどの人工合成甘味料が添加されており、もはや酒というよりかは『単なる缶チューハイレベル』になってしまっているんです。数年前までは、こうした甘味料はあまり含まれていなかったんですが、昨今の需要を受けて、廉価で大量生産できるように対応したことが大きな要因といえるでしょう」

そんな背景もあり、現在脚光を浴びているのが、日本酒の醸造元などが造っている「国産マッコリ」、通称「和(わ)っこり」だ。「ホームランまっこり」(山形・楯の川酒造)、「虎マッコリ」(福島・有賀醸造)、「金魚マッコリ」(秋田・秋田清酒)、「唐草まっこり」(福岡・浜地酒造)などが発売されており、地ビールのように全国に拡大している。

その評判も上々。国産マッコリを店に置く都内焼肉店の店員が語る。

「うちの店では韓国産と国産、両方のマッコリを置いているんだけど、一度でも飲み比べたお客さんは、その後、必ず国産を注文していきますね。国産のほうが少し値段は高いんだけど、米の味がはっきりしているし、風味や後味もいい」(都内焼き肉店)

マッコリの主原料は、日本酒と同じく米。日本酒では漉(こ)して清酒と酒糟(さけかす)に分離させるところを、粗漉しして濁り酒にするのがマッコリだ。いわば、日本酒とマッコリは兄弟みたいなものなのだが、決定的に違うのは、日本酒は黄麹で、マッコリは白麹と麦などほかの穀物も使う点。さらにマッコリは合成甘味料の使用が主流になっている上、実は明確な製法が確立されていないという。

楯の川酒造の6代目蔵元、佐藤淳平さんはこう話す。

「もともとマッコリ自体の製法が確立されていない分、日本の醸造元でもそれぞれ解釈が異なるんです。だからこそ醸造元のカラーが出やすく、多様性のある製品ができやすいと思います」

いわば、飲みやすい日本酒といえる「和っこり」。機会があれば、一杯いってみよう。

(取材/土屋真光、撮影/井上太郎)

「和っこり」醸造の秘密に迫る!週刊プレイボーイ18号『マッコリ改め国産「和っこり」って何だ!?』


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!