週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 セックス・ヘルパーが企画した「童貞・処女を集めたセックス実習合宿」って?

連載コラム

セックス・ヘルパーが企画した「童貞・処女を集めたセックス実習合宿」って?

[2012年07月24日]

障害者の射精介助サービスを行なうNPOの代表、坂爪真吾氏。議論を呼んだセックス教習所のプランを語る

『セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱』の著者・坂爪真吾氏は、障害者の射精介助サービスを行なう非営利団体「ホワイトハンズ」代表。当初、新潟県で始まった介助サービスは4年で18都道府県まで広がり、賛否ありつつも多くの福祉関係者に認知されている。

そんな障害者性問題のパイオニアであるホワイトハンズは、昨年5月「童貞・処女を集めたセックス実習合宿」という驚愕のプログラムを発表。抗議電話が殺到し、新潟県警が介入してきて、現在この計画は無期限延期中だ。ホワイトハンズは、なぜこんなトンデモ計画をぶち上げたのだろうか?

「プログラムの定員は性体験がない男女5名、合計10名まで。2泊3日で座学の講義と模擬実習を行なう予定でした。座学の内容は、男女交際の作法や生理機能、コンドームの使い方、セックスレスなどの夫婦間の問題などです。これらの座学は1、2日目の午前中に行ない、午後は抽選で決めたパートナーと一緒に食事などをしてもらいます。泊まる部屋もパートナー同士です」

―そこでセックスの実習をせよ、ということですね。なぜこんな過激なプランを構想したんですか?

「2007年の調査では、20歳時点での性交経験率は男子58%、女子60%。しかし、1ヵ月以内に性交経験がある人の割合だと男子27%、女子36%まで下がります。20歳の男子の7割以上、女子の6割以上が日常的にセックスをしていないのです」

―そんなに少ないんですか!

「かつては、まともな性生活のための知識と経験を身につける場がありました。『夜這い』の風習です。年齢でいうとだいたい15歳前後。相手は夫をなくした未亡人が多く、互いのことをよく知らないことも多かったようです。昔の男女はこうした初体験の機会を通して、基本的な性の知識を得ていました。しかし今はそのような場がない。性知識は学校の保健体育の時間にごく初歩的なことを教わるだけ。無免許の状態で高速道路を走らされるようなもの。『怖くて運転できない』若者がいても当然です」

―しかし、それはセックス実習で解決するのでしょうか? セックスの技術よりもコミュニケーションスキルのほうが重要な気がしますが。

「もちろん、対人能力は重要です。相手の女性の気持ちをきちんと推し量れないといけない。しかし、それをすべての人が自力で経験を通して学べるかというと、それも違うと思います。経験がないから踏み出せないということもあるし、初めでつまずいて、それがずっと尾を引いてしまうことも考えられます」

―初運転で事故を起こして車庫に引っ込んでしまうことがないように、まずは教習所のようなシステムがあってしかるべきだということですね。

「そういったインフラがまったくないことが問題なのです。それに、たぶんこの合宿があるだけで安心できる人もいると思います。障害者の射精介助のときもそうでしたが、行く行かないは別として、選択肢としてあるということが重要なんです」

―女性の応募者はどうでしたか?

「1、2名はありました。男性はあっという間に埋まったんですが。

多くの女性の方に応募してもらうには関係性をもっと重視したプログラムにすべきだと思いました。それに、やはりセックスの経験だけでなく対人能力も重要です。ですから、現在は男女の交際や関係性の構築をメインにした『契約婚』というプログラムを出しています。応募してきた男女をくじでペアにして、3ヵ月の交際契約をするというものです」

―抽選は女性にとって怖いんじゃないかと思いますが。

「確かに、そうなんです。契約婚に関して、女性の応募はまだないんです……。今後は女性がしっかり集まってきてくれるプログラムを考えていきたいと思います」

(撮影/髙橋定敬)

●坂爪真吾(さかつめ・しんご)
1981年生まれ、新潟県出身。東京大学卒業後、非営利団体「ホワイトハンズ」を設立。既婚。出会って2ヵ月で入籍した「マッハ婚」。その方法も本書で詳述する

『セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱』
小学館101新書 756円
障害のため物理的にひとりで射精困難な男性に対し射精介助を行なうNPO「ホワイトハンズ」。サービス開始のきっかけ、警察や行政との戦い、議論を呼び起こした「童貞・処女のためのセックス合宿」などについて、設立者が語る


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.41 Oct 9th 2017
    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.39&40