週プレNEWS TOP ニュース エンタメ オリンピック開催中のロンドンで、加藤ミリヤと25人のダンスチーム“MY BEATS”が、日本の元気を世界に発信!

ニュース

オリンピック開催中のロンドンで、加藤ミリヤと25人のダンスチーム“MY BEATS”が、日本の元気を世界に発信!

[2012年08月02日]

5組のダンスチームで結成された「MY BEATS」が、7月30日(現地日時)、加藤ミリヤと共にロンドンでパフォーマンスを行なった

会場を埋めた約500人の観客の盛り上がりを見た瞬間、パフォーマンスを終えた“MY BEATS”の岩崎隆一は、ステージ上で思った。

「勝った!」

7月30日、オリンピック開幕から4日目のロンドン。オリンピック・スタジアムにほど近いライブハウス“KOKO London”で、加藤ミリヤと25人のダンスチームMY BEATSが、パワフルなパフォーマンスで会場を沸かせた。

出身地も年齢も性別も、そしてダンスのジャンルすら異なる25人のダンサーたちは、それぞれの思いを胸に、夢のステージに立っていた――。

***

5人1組でチームを作り、全国から200組以上、1000人を超す応募があったコカ・コーラ『MY BEAT CONTEST』。今春から全国8ヵ所で行なわれた予選ステージ、そして7月初旬の決勝ステージを勝ち抜き、ロンドン行きのチケットを手に入れたのが、“九州男児Jr.”“美姫”“ろんどどんろんマン”“MAD ROCKK”“MAX OUT”の5組だった。

この25人がMY BEATSというひとつのグループとなり、加藤ミリヤと共にロンドンのステージから、日本の元気とパワーを世界に向けて発信した。

7月20日から1週間行なわれた事前合宿。不安を胸に参加したのは、決勝ステージで加藤ミリヤに「ぜひ、一緒にパフォーマンスしたい」と指名された、アクロバットを得意とする美姫に所属する高校1年生、相根心だった。

「5人だったら、どんな振付だってすぐに揃えられる。だけど、ダンスのジャンルも年齢も違う25人で合わせられるのか――」

逆に期待を口にしたのは、ブレイクダンスやHIP HOPを得意とするチームが多かった中、異色のタップダンスを武器に勝ち上がった、ろんどどんろんマンのリーダー、大学生の板倉美穂だった。

「最強の5組が集まったんだから、同じ方向を向けば揃わないはずがない!」

だが、多くのメンバーが「ダンスを揃える」ことを意識する中、「揃えたんじゃ意味がない」と感じていたのが大学生、MAD ROCKKの岩崎だ。

「単純に揃えて踊ることは誰でもできる。でもそれじゃ、この25人が集まった意味がない、5組それぞれ武器が違う。25人の個性もそれぞれ違う。誰でも、その瞬間にしかできないダンスがある。だから、それぞれの武器に誇りを持って気持ちをひとつにすればいい」

そして、それはMY BEATSの振付を担当した、Not yetやASIAN KUNG-FU GENERATIONなどのPV、多くのCMの振付で活躍する“振付稼業air:man”の思惑と同じだった。

「個性がバラバラという要素を無理にひとつに統制するのではなく、それぞれの個性をいかした状態でひとつのショーを構成しようと考えました。全国から勝ちあがってきた技術のあるメンバーなので、なにも心配はしてません。唯一、スキルがあるからこそのプライドで、みんなでひとつの演目を作り上げるというモチベーションがキープできるかどうかが気がかりです」

 


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!