週プレNEWS TOP 連載コラム 逆に教えて!! 加藤嘉一「今 中国が崩壊したら、おそらく日本も一緒に沈むことになる」

連載コラム

加藤嘉一「今 中国が崩壊したら、おそらく日本も一緒に沈むことになる」

[2012年10月01日]

この秋からアメリカに活動の場を移したぼくですが、今回は中国での
9年間を総括します。ぼくの成長の原点となった大地に、感謝を込めて。

ボストンに来てから、はや数週間がたちました。平日をハーバードでの研究作業、休日を日本や中国向けの執筆作業に充てて充実した時間を過ごしています。そんな日々、折に触れてふと思い出すのは中国で過ごした9年間です。

ポストバブル期に育ったぼくたちの世代は、国家・社会が右肩上がりで、人々が活発に動いているという状態がどんなものなのか、日本で生活している限り知ることは難しい。しかし、中国というある意味、今世界で一番パワーのある場所でめちゃくちゃに揉まれたことで、ぼくには皮膚感覚としてそれが実感できた。

18歳で語学力もお金もコネもないまま異国に飛び込み、言論の世界で言葉を人々に届けるようになってからも守ってくれる人はいませんでした。取材は1000回以上受け、コラムも600本以上書いた。簡体字、繁体字を合わせて15冊の本を出版した。全国約100大学を講演して回り、各分野でネットワークを築き、それなりに相互理解を進めるべく全力を尽くした。

今も「日本人の分際で」という目でぼくを見る中国人は少なくありませんが、2010年に『从伊豆到北京有多(伊豆から北京へ)』という本を出版した際、白岩松さんという中国で非常に影響力のあるジャーナリストの方が、こんな推薦文を書いてくれました。

「加藤さんがこれまでやってきたことは十分称賛に値する。しかし、それがどういう意味、どういう価値を持つのかは10年、20年後に初めてわかるだろう」

核心をついた言葉だと思います。日本人であるぼくに対して「よくやっている、前向きに頑張りなさい」というメッセージを込めてくれた一方で、緊張状態にある日中関係の現在をも表現しているのだとぼくは解釈しました。国民生活や政治体制が大きく変化しつつある中国という国自体、10年後、20年後にどうなっているかはわからない。だからこそ、自分がどれだけできているかなんて自分で判断する必要はない、ということです。歴史に委ねればいい。

ぼくは中国の未来を楽観視していません。民主化という問題も含めて、簡単にはソフトランディングできないでしょう。

ただ、決して希望は捨てない、がぼくの信条。その理由は3つです。

ひとつ目は、ぼくはあの大地で成長したということ。生まれ育ったのは日本の伊豆ですが、成長の原点は北京です。だから、あの大地で生きる人々に愛情を持って接していきたい。

ふたつ目は、中国の人々がとても一生懸命だということ。体制の欠陥は随所で露呈していますが、国民ひとりひとりを見ればハングリーで、一生懸命な人々が本当に多いとぼくは思っている。

3つ目は、ぼくは愛国者だということ。今中国が崩壊したら、おそらく日本も一緒に沈むことになる。日本人にとっても中国の盛衰は他人事ではないからこそ、当事者意識を持って未来を見なければならない。中国という文明が健康体で生き続けることをプッシュすべく、これからも微力を投じていきたい。それが結果的に日本の国益に直結するという点について、ぼくは確信を持っています。

尖閣をめぐる問題を含め、日中関係は難しい局面を迎えています。中国のことが好きか、嫌いか。それは個人の自由ですが、ただ「ムカつく」などと罵るばかりでは何も生まれません。なぜ相手を知ろうともしないのか、その理由を逆に教えて!!

今週のひと言
“右肩上がり”を実感できたこと。
それが中国で得た大きな収穫です!

●加藤嘉一(かとう・よしかず)
1984年静岡県生まれ。高校卒業後、単身で北京大学へ留学、同大学国際関係学院修士課程修了。現在はハーバード大学ケネディスクールフェロー。国境を越えて多くの著書を持つ国際コラムニスト。最新刊『脱・中国論 日本人が中国とうまく付き合うための56のテーゼ』(日経BP社)が好評発売中!


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10