週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 自民党の懐具合を狙った民主党・輿石幹事長の戦術とは?

ニュース

自民党の懐具合を狙った民主党・輿石幹事長の戦術とは?

[2012年10月11日]

政界では、自民党と公明党が野田政権に早期の衆議院解散を迫っている状態。だが、当の野田首相は10月7日、衆院解散の時期について「決して忘れていないが、特定の時期まで具体的に与野党の党首で詰めていく性質のものではない」と述べるなど、自公両党が求める“時期の明確化”には応じられないとの考えを強調している。これにより、政府・与党内では解散は年明け以降にずれ込むとの観測が強まってきているが、その内情を民主党本部の関係者、T氏はこう語る。

「野田さんがそのつもりでいるといえる最大の証明が、輿石(こしいし)さん留任という幹事長人事です。もし解散総選挙モードであるならば、あんな一般ウケの悪い人を再任命するはずがない。離党者が続出している状況だから交代させるための大義名分も十分にあったのだから」(T氏)

輿石氏の留任には、党内に向けた「しばらくは解散はしない」とメッセージが含まれているというのだ。

「でもそれだけじゃない。輿石さんは議会運営の駆け引きを知り尽くしている人です。彼が老獪な戦術を駆使して解散時期を先延ばしにしている間に、野田さんは外交や予算編成などで少しでも支持率を回復する腹づもりなんだと思いますよ」(T氏)

輿石氏が繰り出すことが予想される老獪な戦術とは何か。民主党の中堅議員、N氏が解説する。

「安倍自民党は(赤字国債の発行に必要な)特例公債法案への賛成と引き換えに解散を迫るでしょうが、そうはいきません。意外に感じるかもしれませんが、自民党はかなり前から借金漬けの状態なんです。主な収入源は党員からの党費と政党交付金ですが、党員数はここ10年で約250万人も減ってしまった。一方の政党交付金も、交付額が国会議員数と得票数に応じて決まるので、3年前の政権交代を機に激減した」

しかも落選中の浪人議員の政治活動費も次の総選挙に備えて面倒を見なければならず、支出は相変わらず多い。野党に下った3年間で、党の財政は確実に苦しくなっているのだ。輿石氏は、こうした自民党の台所事情を徹底的に利用するつもりだという。

「自民党が喉から手が出るほど欲しい政党交付金は、4月、7月、10月、12月の年4回に分けて交付されます。つまり、直近の10月と12月に2度も交付月があるのです。ここでポイントなのが、この助成金は自動的に交付されるシステムではないということ。総務大臣宛てに請求書を出さないと交付されない仕組みなのです。例えば共産党は一度も請求していないので、交付されたことがありません。この仕組みを輿石さんは利用すると思います」(N氏)

自民党が特例公債法案を通さなければ、地方自治体への地方交税の配分がストップする。そうなれば、その他の補助金や事業予算など、あらゆる面で甚大な影響が出てしまう。こうした状況を踏まえたうえで、「輿石さんは『ねじれ国会における政局のせいで各方面にご迷惑をおかけするのだから、特例公債法案が通るまでの間は政党交付金を請求するのは自粛しましょう』と野党に持ちかけると思いますね」とN氏は予想する。

これに困るのが自民党だ。目の前にブラ下がる数十億円という政党交付金欲しさに特例公債法案に賛成してしまえば、解散総選挙は“遠い将来”になってしまう。

実際に9日、民主党と、ともに連立を組む国民新党は、特例公債法案の成立遅れを理由に10月の交付分の請求見送りを発表。己の立場を世論にアピールし、対抗する自民、公明に揺さぶりをかけている。

「おそらく野田政権は10月に臨時国会を召集して、特例公債法案を通すでしょう。12月まで政権を持続させられれば、2013年度の予算案を民主党主導で閣議決定もできる。これに対しては世間から、選挙対策のバラマキだと非難されるでしょうが、もはやウチは敗戦確実の政党。何を言われようが関係ありません。“負け方”を最小限にするためならなんだってやりますよ。いろんな団体に予算をつけると思いますね」(N氏)

10月分と12月分の政党交付金を受け取った自民党は、元気を取り戻して解散を迫るだろうが、今度は民主党が「“一票の格差”を是正するための衆議院選挙制度改革法案を盾に、可能な限り解散引き延ばしを図ることが予想されます」(N氏)という。

ひょっとして、衆議院議員の任期満了となる来年8月まで粘る切る可能性もあるかも……?

(取材・文/菅沼 慶)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10