週プレNEWS TOP ニュース 社会 風俗文化研究の第一人者・松沢呉一が解説する「風営法は“善良な市民”の不安をつぶすための法律だ」

ニュース

風俗文化研究の第一人者・松沢呉一が解説する「風営法は“善良な市民”の不安をつぶすための法律だ」

[2012年10月24日]

風営法の規制強化は、コミュニティの崩壊した現代の社会に起因すると松沢氏は語る

ここ数年、目に見えて厳しくなっている警察によるクラブ摘発。そもそもクラブを取り締まるための“風営法”はいつできたのか? 風俗文化研究の第一人者である松沢呉一氏が、風営法と日本文化の“根深い”関係について解説する。

***

風営法の歴史は古く、大正期に起こったダンスブームに対する規制に端を発します。具体的には、華族の息子がダンスホールで出会った町娘と駆け落ちし、息子の親が親しい警視総監に捜査を依頼したことが直接のキッカケです。これを契機にして最初のダンスホール規制が始まります。

背景には、ダンスホールが保守層にとって「いかがわしい場所」だったということがあります。見ず知らずの男と女が手を触れ合って踊るわけですから、そこでは恋愛も始まるし、セックスに至ることもある。そういった行動を含めて、舶来のダンスにうつつを抜かすのはけしからんということになった。

同時に「ワケがわからない怖い場所」でもあったということです。鹿鳴館の時代と違って、この頃になると、ジャズも入ってきてましたから、理解できない音楽で熱狂する人たちもまた理解できない。今でもネットを過剰に恐れる年配の人たちがいますが、感覚的にはそれと一緒だと思います。ゲームもそうですよね。自分が理解できないもの、楽しめないものがこの社会にあることが許せない。楽しいことなら楽しいことで、嫉妬が生ずる。危険なことなら危険なことで、社会にとって悪影響を及ぼす。だったら、つぶしてしまえと。

ここでしっかり見ておいたほうがいいのは、この時代でさえ、警察は自ら規制を始めたわけではなくて、要請があって初めて腰をあげているということです。警察を動かすのは時に政治家だったりするわけですけど、同時に国民の意識もまた警察を動かしている。警察だけを悪者にしても、問題は解決しない。

規制される対象を知る者からすればバカげた話なわけですが、これによっていよいよバカげたことが起きます。成人であっても、法律によって学生はダンスホールに立ち入ることができなくなり、百貨店でも従業員の立ち入りを禁止するようになる。結果、若い女性たちは行きづらい場所になります。

そうすると、男の客が単独で、あるいは男友達と行っても踊る相手がいない。そこで出てきたのがチケット制です。ダンスホールがダンサーを雇い入れて、客はチケットを買い、それをダンサーに渡して、一曲分躍ってもらう。こういうダンサーをタキシダンサーと呼びます。タキシはタクシーのことです。

当然男は口説こうとしますね。しかし、相手はプロですから、思わせぶりなことを言ってはチケットを稼ぐ。とは言え、彼女たちとしても、毎日通ってくれる客には悪いので、たまには食事でも行くかということになる。その時にバッグや服を買ってもらえば、一回くらいいいかというので、ホテルに行く者も出てくる。さらには金をもらえばいいかというのも出てくる。

こうしてカフェーの女給とともにダンサーは半私娼と呼ばれるようになります。規制がダンスホールを売春交渉の場にしたようなものです。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48