週プレNEWS TOP ニュース エンタメ “原発”をテーマに映画監督・園子温と小説家・樋口毅宏が吼える!「今の日本は『希望の国』ではなく『子供の国』だ」

“原発”をテーマに映画監督・園子温と小説家・樋口毅宏が吼える!「今の日本は『希望の国』ではなく『子供の国』だ」

[2012年10月26日]

映画界の異端児と小説界の俊才。ふたりの“最危険人物”が「必然」の邂逅を果たす!

暴力や性といったタブーに真っ向から挑み続けてきた映画監督・園子温と、斬新な感覚と作風が文学界に波紋を起こしている小説家・樋口毅宏。どこか同じにおいを持つふたりが、3.11以降、そしてこれからの日本について語り合った。

***

■エンタメにするには原発はタブーすぎる

樋口 園監督の最新作である『希望の国』、素晴らしかったです。もちろん、今までの映画も監督の中に「やらなければならない」という必然があって撮られてきたのでしょうけど、今回の作品ほど監督が誠実に、自己と社会と向き合った作品はないと思います。

 何よりも最優先に撮らなければならない映画でした。最初は現地に入ったらいろいろ取材するつもりだったんだけど、進めていくうちに、出会った肉声や下部構造だけで十分で、むしろ脱原発のメッセージはいらないという確信に変わったんです。

樋口 僕は3・11以降、『二十五の瞳』という小説を書いたんです。僕も園監督も、それまでエクストリームの表現が多かったのに、3.11以後を反映させた世界を描いたら、実はいい人だとバレてしまった(笑)。

小説では序章と終章に僕と妻が出てきて、原発が爆発して、東京にも放射能が飛んできたことを書いたんですけど、「なぜそんなことを書くんだ? 福島出身でもないのに」って散々言われて。そういうことを言ってくる人、いませんか?

 いますね。こんな小さな島国で、県境の話をしてもしょうがないのに。そういうことに固執するから、反省も分析もないまま同じことを繰り返してしまう。もしまた次に4度目の被曝をしたら、日本人は世界の笑い者だよ。

樋口 被曝国なのに、原発が54基もあるわけで。この数って、異常ですよね。それももちろんアメリカの指図があったわけですが。

 本当にこの国はおかしいよ。もはや日本人全員が“福島県民”なのに、核の問題について深く考えてみることすらしない。まずは、その事実を認識したほうがいい。

樋口 今回の映画で象徴的だったものに「杭(くい)」があります。

 映画の中で庭が避難地域とそうじゃない地域に分断された家を描きましたが、実際に福島に行ったとき、そういうふうにテープを張られて分断されている家があったんです。解除後も区域内だった庭には花が咲いていなかったので、なぜかと聞いてみたら、「花を咲かせたら、境界がわからなくなる。この事実を子供たちに伝えていくために、ここに杭を打とうと思うんです」って。みんな“しるし”を残そうとし始めている。


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】藤木由貴、待望の水着グラビアデビュー!! 

もっと見る

Back Number

  • No.24 Jun 12th 2017
  • No.23 Jun 5th 2017
  • No.22 May 29th 2017
  • No.19-20 May 15th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.24