週プレNEWS TOP ニュース 社会 来日したチェルノブイリの放射能専門家が、福島市民の前で発した重い警告

来日したチェルノブイリの放射能専門家が、福島市民の前で発した重い警告

[2012年10月26日]

この1年半、福島第一原子力発電所から飛散した放射性物質をめぐってさまざまな情報が飛び交い、今なお「心配ない、安全だ」という人と、「危険だ」という人の間には大きな溝が存在する。なぜなら、誰も福島、いや日本の将来に放射能がどのような影響を及ぼすかを断定することができないからだ―。

10月16日、今、日本が置かれている状況を冷静に見ることができる人物が緊急来日した。

チェルノブイリ原発事故で、国土の広い範囲が汚染されたベラルーシにある民間の研究施設「ベルラド放射能安全研究所」のアレクセイ・ネステレンコ所長である。

ベルラド研究所では、チェルノブイリ事故以来、これまでにホールボディカウンターで45万人以上の子供たちの体内被曝量を測定し、39万件に及ぶ食品の放射能検査を行なってきた。

今回、ネステレンコ氏はそうした多くの実績と分析結果を背景に、10月17日、福島市内で「チェルノブイリから福島に伝えたいこと」と題した講演を行なうために来日。いったい何を語るのか。

まず、ネステレンコ氏はベラルーシで事故後にどのような活動をしてきたのかを振り返った。

「ベラルーシでは国の発表したデータは誰も信用していませんでしたから、最初にすべきこととして、個人が使える線量計を作らねばなりませんでした」

国の言うことは信用できないという構図は、日本と一緒だ。

「次に行なったことは、食品を測定できる『放射能地域センター』を学校などに設置し、各家庭から食品を持っていって測定できる体制をつくりました。また、測定だけでなく、どう調理すればいいかを指導するようにしました」

日本では、個人が自由に食品検査をするまでには至っていない。

「さらに、ホールボディカウンターで人体の測定を始めました。45万人の子供たちの体内被曝を測定した結果、子供たちの体内に放射能が蓄積されていることがわかりました。では、蓄積された放射能を減らすためにどうすればいいのか。われわれは放射能を体内で吸着する吸着剤を対策法として考えました。研究の結果、『ビタペクト』という吸着剤を開発し、これまで130万人以上にビタペクトを提供してきましたが、それを飲むことで子供たちの体内被曝量が減るという大変よい結果が得られています」

ビタペクトの主要成分であるペクチンは、体内でセシウムと結合し、さらに人体の代謝の働きをよくするため、セシウムを体外に排出していく作用があるという。

子供の被曝を避けながら、住民が放射能汚染のなかで生活していくためのこうした活動だが、ベラルーシ政府はまったく協力的ではなかったという。そうした経験からか、ネステレンコ氏は日本政府についても痛烈に批判する。

「日本は(避難区域の放射線量基準を)年間20ミリシーベルトとしていますが、これは国家による自国民に対する犯罪行為だと思います。20ミリシーベルトであれば国家にとって都合がいい。なぜなら、『20ミリシーベルトまでは安全』と言っておけば、対策をしなくて済むからです」

そして、彼は今、福島が置かれた状況について語り出した。

「将来、福島でどのような病気が増えるのか、また病気の子供が増えるのかといえば、残念ですが、病気の人が増えると思います。ベラルーシでは低量の汚染地域でも重病の患者が多く出ています。子供の甲状腺がんについて、ベラルーシは悲劇的な状況だというしかありません。低量であっても、放射能は体内に入ると遺伝子に大きな影響を与え、精子の一部や生殖器の一部が壊れると、それが子供にも遺伝し、さらには孫に影響が出る場合もある。しかし、このような予測を言うことは、『大丈夫ですよ、何も危険なことは起こりませんよ』と言うよりはいいのではないでしょうか」

福島県内では「放射能は安全だ」と声を上げる人たちも大勢いる。講演の会場に来ていた福島市内在住の主婦もこう語る。

「福島では『放射能は安全』『ここに住んでも大丈夫です』と言われているので、たまにこういう厳しいお話を聞かないと、自分がどう思っていいのか不明確になってしまうんですね。今日は、放射能は人体へ悪影響を及ぼすということの確認のためにも来ています」

ネステレンコ氏はチェルノブイリで得た経験をすべて投入し、福島の未来のために協力したいと語るが、そこには壁があるという。

「現在、福島原発事故について明らかになっている情報が、言ってみれば氷山の一角で、真実が水の中に隠れているからです」

福島は真実を待っている。

(取材・文/頓所直人)


宮脇咲良

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

  1. 1 4年前からiPhoneに格安SIMを差している上級者が語る乗り換え時
  2. 2 まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も
  3. 3 マツコが本気で大激怒事件の真相は! 『月曜から夜ふかし』企画演出&プロデューサーが明かす番組裏話
  4. 4 カトパンに辞められたら致命的! 9月退社騒動でフジ・亀山社長の特別待遇に大反発も
  5. 5 “元・魔女っこ”美人芸人からグラドル転身で大反響! 本人衝撃の水着でさらに挑発も「最近、彼氏ができなくて…」
  6. 6 日本のAV女優を弄ぶ中国人セレブ。観光ツアーでは風俗店の遊び方を知らずアダルトグッズを大人買い!
  7. 7 語っていいとも! 第6回ゲスト・板東英二「僕、この取材ちょっと甘く見てました。こない話できるとはよもや思わなかった」
  8. 8 『仮面ライダードライブ』の美人巡査役でブレイクの内田理央 「何をやっても怒られて。毎日、家に帰って泣いてました」
  9. 9 語っていいとも! 第8回ゲスト・蛭子能収「バス旅は…はっきり言って飽きてるかも。新しい3人でやったらどうですかね」
  10. 10 語っていいとも! 第7回ゲスト・具志堅用高「まだ青春なんだよ、俺は。時間があればあるほど楽しくしたいしね」
  1. 1 4年前からiPhoneに格安SIMを差している上級者が語る乗り換え時
  2. 2 東京アイドルフェスティバル出演メンバーがグラビア共演! 各グループ選抜「MIZUGIフェスティバル」で12人が決意表明!
  3. 3 日本のAV女優を弄ぶ中国人セレブ。観光ツアーでは風俗店の遊び方を知らずアダルトグッズを大人買い!
  4. 4 東京アイドルフェスティバル出演メンバーがグラビア共演! 各グループ選抜「MIZUGIフェスティバル」で12人が決意表明!PART2
  5. 5 “元・魔女っこ”美人芸人からグラドル転身で大反響! 本人衝撃の水着でさらに挑発も「最近、彼氏ができなくて…」
  6. 6 中間発表1位は悪魔将軍…も『キン肉マン』超人総選挙2015結果発表! 気になる1位は意外なあの人?
  7. 7 東京アイドルフェスティバル出演メンバーがグラビア共演! 各グループ選抜「MIZUGIフェスティバル」で12人が決意表明!PART3
  8. 8 池田名誉会長のノーベル平和賞が遠のく? 安保法案成立カウントダウンに公明党が揺れている!
  9. 9 潔癖症で12年間の引きこもり、“エロ清楚”と話題のGカップ・寺田御子がバストイレだらけの家などスゴすぎる告白!
  10. 10 ダレノガレ明美が水着グラビアに挑戦!「男の人って、こういうポーズ好きですよね」と晒した危険なカラダ

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】都丸紗也華、次期グラビアクイーン候補No.1。

もっと見る

Back Number

  • No.33 Aug 17th 2015
  • No.32 Aug 10th 2015
  • No.31 Aug 3rd 2015
  • No.30 Jul 27th 2015

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 宮脇咲良ファースト写真集『さくら』
  • 山地まり 『処女』
  • 浅田舞写真集『舞』
  • バカになったか、日本人
  • 『燃えろ!新日本プロレス エクストラ 猪木vsアリ 伝説異種格闘技戦!』

 

メルマガ会員&アンケート 2015年No.33