週プレNEWS TOP ニュース 社会 エレベーター死亡事故を再び起こしたシンドラー社の悪評

ニュース

エレベーター死亡事故を再び起こしたシンドラー社の悪評

[2012年11月16日]

あのシンドラーエレベータ社製のエレベーターが、またもや死亡事故を起こしてしまった。

10月31日、石川県金沢市内のホテルで、女性従業員(63歳)がドアの開いたエレベーターに乗り込もうとしたところ、上昇したかごにつまずいて転倒。かごはそのまま上昇し、女性は上半身をかごの床と乗降口の枠に挟まれてしまったのだ。エレベーターのブレーキに不具合があったのは明らかだ。

シンドラー社といえば、思い出すのが2006年、東京都港区の公営住宅で男子高校生(当時16歳)が、やはりドアが開いたまま上昇するエレベーターのかごと乗降口の枠に挟まれて死亡した事故。そして、このエレベーターと今回事故を起こしたものは同型だった。

当時、週プレもこの事件を取材し、シンドラー社製エレベーターが設置されている東京都内のあるマンション住民から恐怖体験を聞かされていた。次のようなものだ。

「以前から『夜中にエレベーターが暴走する』と、ほかのマンション住民から苦情が出ていたんです。港区での死亡事故を聞いて不安になり、深夜3時過ぎに自治会の役員と調べに行ったら、本当に暴走していました。操作もしていないのに、ドアが開いたままかごが上階へ行ったかと思うと、再び降りてくる。怖かったです」

あれから6年、再び同じような死亡事故を起こすとは。いったいシンドラー社は何をしてきたのか? というわけで、シンドラー社の評判をあらためて取材してみると、これが悪評フンプンなのだ。

シンドラー社はスイスに本社を置く世界シェア第2位のエレベーターメーカー。しかし、日本では06年の事故後、すっかり信用を落とし、新規の販売をあきらめてしまったらしい。シンドラー社の内情を知る独立系エレベーターメンテナンス会社の社長がこう話す。

「06年以降、シンドラー社さんの新規エレベーター販売実績はゼロです。高校生が亡くなった事故がたたり、公共事業の入札に参加するのが難しくなってしまったんです。そのため、今ではメンテナンス事業に力を入れている。全国に約5500台ある自社製エレベーターの保守点検業務を協力会社と一緒に手がけているんです。ただ、全国には約40万台ものエレベーターがあり、そのシェアは1%ちょっと。さすがにそれだけではやっていけないので、マーキュリーアシェンソーレという独立系のメンテナンス会社を買収し、他社のエレベーター保守も受注しています」

どうやらシンドラー社は、メンテナンス会社として糊口(ここう)をしのいでいたようだ。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017