週プレNEWS TOP 連載コラム 逆に教えて!! 加藤嘉一「日本の将来にとっては円高のほうがむしろベターかもしれません」

連載コラム

加藤嘉一「日本の将来にとっては円高のほうがむしろベターかもしれません」

[2012年11月19日]

アメリカで暮らすぼくを、ある意味で最も助けるもの。それは「円高」です。海外で自分を磨こうという若者にとって、今はまたとないチャンスです!

ボストンは成熟した大人の街です。アメリカで最も歴史の古い街のひとつであり、ハーバードをはじめ多くの大学が集まる文教地区でもあり、趣深い風情が漂っています。

ぼくの住居の近くを流れるチャールズ川周辺では、人々が集まって憩いの時間を過ごしています。散歩をする人、ランニングで汗をかく人、カヌーで水面を滑る人、楽しげにバーベキューに興じる人。この悠久の流れを拠点とし、日々の生活を営んでいるのです。

北京や上海のようなエネルギーあふれる街も魅力的ですが、今のぼくにとっては、この落ち着いた街で体を鍛え、先人たちの研究にどっぷり浸かり、思考を培うことが最も必要なことです。そのために中国を離れ、アメリカに来たのですから。

しかし、だからといってボストンが完璧な場所かといえば、そうとも言えません。不便な点もあります。特に気になるのは外食がおいしくないことです。

ボストンで、一、二を争うといわれる日本料理店や中華料理店にも行きましたが、どうもピンときません。グルメでは決してなく、基本的に腹に納まればいいタイプのぼくですらそう思ってしまう。日本料理なら北京や上海のほうが明らかに上です。その他の食事にしてもジャンクフードばかりで、栄養面で偏ってしまいがちです。

あらためて日本、特に東京の素晴らしさを感じずにはいられません。「価格の割においしくない」店などほとんどなく、庶民的な定食から世界各国の料理まで、栄養のバランスも考えられた上で供される。スタッフのサービスは細かいところまで行き届いており、正直言って非の打ちどころがありません。

ボストンに拠点を移してから、原則としてぼくは自炊しています。食材を買いながら、食事を作りながら、食器を洗いながら、限りある人生をどうコーディネートしていくか、日々思考を巡らせています。地に足をつけた生活ができますし、経済的なのがありがたい。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20