週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー “ひとり負け”ドコモの転出増はユーザーにとって大チャンス?

ニュース

“ひとり負け”ドコモの転出増はユーザーにとって大チャンス?

[2012年11月19日]

「家族セット割」を使えば、購入コストを抑えることができる。家族という名称がついているが、ひとりで2台購入しても適用される

11月7日、社団法人電気通信事業者協会(TCA)が発表した2012年10月の「携帯電話・PHS契約数」は、大方の予想どおり、NTTドコモ(以下、ドコモ)にとって非常に厳しいものだった。純増数は7200で、auの23万8800、ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)の28万4200とは、文字どおりケタ違いの大差がついたのだ。

さらにMNP(モバイルナンバーポータビリティ)の増減では、auが15万2700件増と大きく躍進。ソフトバンクも手堅く3万7900件増と、それぞれ「iPhone5効果」で数字を伸ばしたのに対し、ドコモは18万9800件減という、MNP制度が始まって以来、最大の減少を記録。3大キャリアのなかで唯一iPhoneを扱わないことで“ひとり負け”となってしまったのだ。

しかし、ケータイの料金プランに詳しいフリーライターの後藤一泰氏は「でも、これってドコモユーザーにとって悪いことばかりではないんです」と語る。その理由はこうだ。

「契約数やMNPの推移で見ると、ドコモは確かに“ひとり負け”です。でもその状況でなんとかMNP転出数を減らし、純増数を伸ばそうと、さまざまなキャンペーンを行なっています。これらのキャンペーンを巧みに使うことで、ドコモユーザーはスマホの購入代金や利用料金をグンと抑えることが可能なんですよ。今年の春は、MNPユーザーの月額料金の超優遇やタダ同然でのスマホのバラまきがそうした例でした」

彼が今注目しているのが「家族セット割」。これは、ドコモのケータイ(ガラケーやスマホ、タブレットなど)を2台以上同時購入し(機種変、新規ともに可)、いわゆる “2年縛り”のプランに加入(機種変の場合は継続でもOK)すると、それぞれ最大1台1万500円ずつ割り引くという施策だ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27