週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 業界注目の新進女優・小篠恵奈「映画と言ったらこの人、みたいな女優になりたい」

ニュース

業界注目の新進女優・小篠恵奈「映画と言ったらこの人、みたいな女優になりたい」

[2012年11月27日]

映画『ふがいない僕は空を見た』で印象的な演技を見せる小篠恵奈。19歳になったばかりだが、無限の可能性を感じさせる

現在大ヒット公開中の映画『ふがいない僕は空を見た』。主演の永山絢斗と田畑智子の抱えるやりきれない思いのぶつかりあいと、ふたりの思い切ったベッドシーンが話題になっているが、作中でキラリと光る演技を見せ、存在感を放っているのが新進女優の小篠恵奈だ。
19歳になったばかりの彼女の素顔に迫った。

***

■役づくりとかは特にしていない

―今回、小篠さんが演じたあくつ純子は、永山絢斗さん演じる卓巳の親友、福田と同じ団地に住む幼なじみ。厳しい生活環境ゆえに優しさと残酷さを併せ持つ少女という、難しい役どころでしたが……。

小篠 基本的にあまり考えずに演技したんです。あくつが、私に似てたから……。

―似てるって、どういうところが?

小篠 人間の汚い部分って、誰でも持っていると思うんです。人への嫉妬とかもそうですし……そういう部分が似てたと思う(笑)。育った家庭環境も少し近いところがあったんで、「あ、こういう行動に出たのはわかるなー」って。だから役づくりとかは、特にしていないんです。

―いつも、自分の中にある、役に近い部分をふくらませて演じる感じですか?

小篠 私、考えちゃうと逆にすごくわざとらしい演技になっちゃうと自分では思っていて……。あまり意識しないで演じるのが、今の私の一番ベストかなって。

―『ふがいない…』では、すごく自然な演技で惹き込まれましたよ。

小篠 本当ですか? ありがとうございます。自分では、撮影が終わってから「あー、あそこはああいう感情で演じればよかったな」とか、すごく後悔したんですけどね。納得はしてないですけど……当時の私の精一杯だったなって思います。

―いやいや、お芝居の世界に入って日が浅いとは思えなかったです。

小篠 今、事務所に入ってちょうど2年くらいなんですけど、最初はモデルと女優がやりたいと思ってたんです。もともとは舞台がやりたくて。でも、あるとき、写真を撮られるのが苦手だなって気づいちゃって、ちょっとモデルは無理だなって。

―背も高いし、顔もちっちゃいし、カメラ慣れすればモデルも全然イケるんじゃない?

小篠 あ、でももう大丈夫なんです。たぶん、モデルさんって撮られてて楽しいとかあると思うんですけど、私は撮られてて緊張するだけだから……(笑)。それより、今回の仕事がきっかけで「私、映画のお仕事をずっとしたい」と思うようになりました。日本映画にしかない良さってあるんですよ。

―何週間かかけて、スタッフ・キャストの全員でひとつの作品をつくっていく作業が合ってるんだろうね。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017