週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 「猪瀬都知事誕生」を妨害する自民党“都議会のドン”の存在

「猪瀬都知事誕生」を妨害する自民党“都議会のドン”の存在

[2012年11月29日]

野田総理の“自爆解散”により、12月16日に衆院選が行なわれることになった。おかげですっかり影が薄くなってしまったのが、同日に行なわれる東京都知事選。しかも日本維新の会や自民党ら多数の政党が支援する猪瀬直樹氏の圧勝ムードが漂っており、緊張感もまったく感じられない状態だ。

だが、自民党が猪瀬氏への支援を決めるまでの舞台裏で、思わぬ内紛劇が繰り広げられていた。自民党本部の幹部、A氏がタメ息交じりに話す。

「われわれが猪瀬さんへの支援を決めるまでの間、自民党では独自の候補者を擁立する動きとして、ほかの方の名前が挙がったり消えたりしていたでしょ? 具体的には安藤優子さんや舛添要一さんなどですね。自民党本部としては、小泉政権時代に断行した道路関係四公団の民営化に協力していただいた縁もありますし、独自に行なった世論調査でも圧倒的な人気でしたので、最初から猪瀬さんを推したかった。でも、同じ自民党の東京都連が猪瀬さんを嫌ったんです」

こう聞くと自民党の都議会議員の多くが猪瀬氏を否定しているように聞こえるが、実際は自民党内で“都議会のドン”とも呼ばれている内田茂・自民党東京都連幹事長と、その取り巻きたち数名が、アンチ猪瀬に執念を燃やしているのだという。

「内田さんは前回(2009年)の都議会議員選挙で落選したんですが、今も自民党都連の幹事長を務めている人物です。都連幹事長は自民党から立候補する都議会議員候補に公認を与えるかどうかの決定権を持っています。都連内の人事権も幹事長が握っている。来年7月には都議会議員選挙を控えているので、都議会議員たちは特に今の時期、幹事長には逆らえないんです。従って、いかにも都連の総意のような形で、自民党本部が猪瀬さんを支持する動きを妨害したワケです」(A氏)

なぜ内田氏は猪瀬氏を嫌っているのだろうか。

「話は2007年にさかのぼります。この年の6月、猪瀬さんが東京都の副知事に就任しました。そして手始めに猪瀬さんがやった仕事が、内田さんの利害に触れてしまったんですよ。東京都千代田区紀尾井町にある、紀州徳川藩邸の跡地で建設が予定されていた参議院議員宿舎の工事を、猪瀬さんが『無駄だから中止しよう』と言い出した。そして石原(慎太郎)さんが猪瀬さんに同意し、建設の中止を決断した」(A氏)


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】藤木由貴、待望の水着グラビアデビュー!! 

もっと見る

Back Number

  • No.23 Jun 5th 2017
  • No.22 May 29th 2017
  • No.21 May 22nd 2017
  • No.19-20 May 15th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.23

週刊プレイボーイグラビア増刊GW2017