週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 「初体験が遅いほうが出世する」説は歴史的にも証明されている?

ニュース

「初体験が遅いほうが出世する」説は歴史的にも証明されている?

[2012年12月04日]

アメリカのテキサス大学の学者グループが発表した「若くしてセックスを知ると出世しない」という研究結果が話題だ。

被験者はアメリカに住む16歳から29歳の兄弟姉妹1659組。15歳までに初体験を経験した「早期」、15歳から19歳までの「適期」、19歳以降の「遅期」の3グループに分け、その後の彼らの人生を研究したところ、「遅期」のグループの人は、別のふたつのグループよりも高い教育を受け、年収も高いなど人生で成功していることがわかったという。

つまり、童貞期間の長い人のほうが出世できるってこと?

この研究結果にマンガ家で映画監督の杉作J太郎氏がうなずく。

「常々、僕も若い未経験者には『童貞でい続けろ』と説いてきましたが、やはりそうでしたか。僕の初体験は27歳と遅いですが、早い時期に経験をしていたら、間違いなく今の僕はいなかった。言うまでもなくセックスは最高ですが、早くに“画期的に楽しいこと”を知ってしまうと、ほかのことがおろそかになってしまうということ。これは真理でしょう」

また、就職活動や企業事情に詳しい人材コンサルタントの常見陽平(つねみようへい)氏はこう話す。

「私の母校である一橋大学でも当時は経験の遅かった人が多く、“社会人デビュー”も珍しくありませんでした。でも、それぞれ社会に出て立派にやっている。大学時代、そういう人たちは勉強や趣味、アルバイトに没頭していました。テニスサークルで女のコと遊ぶ人たちを横目にしても頑張れる人たちなんです。集中力があり、物事に打ち込める人材ともいえます。そのため仲間からの信頼も厚かったですし、恋愛関係には発展しなくとも、異性からも信頼されていた。総じて面倒見もよかった。社会に出てからそういう人材が伸びるのも、当然といえば当然」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018