週プレNEWS TOP 連載コラム 女子アナマル秘ジャーナル いろんな意味で一番輝いたのは?「週プレ女子アナアワード2012」

連載コラム

いろんな意味で一番輝いたのは?「週プレ女子アナアワード2012」

[2012年12月31日]

「好きな女子アナランキング」で2連覇を達成した加藤綾子アナは、番組で下着の値段を暴露されてしまった!

2012年も話題に事欠かなかった女子アナ業界。「スキャンダル部門」「フリーアナ部門」「NG発言部門」「新人部門」の4カテゴリで勝手に表彰する!

■後輩アナに取材対象者、身近な男と熱愛関係に?

今回もやっちゃいます。お騒がせ女子アナたちを勝手に表彰する「週プレ女子アナアワード2012」。なんだかんだで話題豊富だった今年、最も“活躍”したのは誰だ?

まずは「スキャンダル部門」から見ていこう。2012年は熱愛報道が頻発した一年だった。女子アナ評論家の戸部哲也氏が振り返る。

「特徴的だったのは、身近な男に手を出す女子アナが多かったこと。スポーツ番組を担当する秋元玲奈アナ(テレビ東京)はプロ野球選手、競馬番組を担当する松尾翠(みどり)アナ(フジテレビ)は人気ジョッキーがお相手で、どちらも取材対象者。また、水卜(みうら)麻美アナ(日本テレビ)は同僚社員とのお泊まりデートが報じられています」

その最たる例といえるのが、クリスマス婚を果たした秋元優里アナと後輩・生田(いくた)竜聖アナ(ともにフジテレビ)。前出の戸部氏が興奮気味に話す。

「先輩の男性アナと結婚するケースは多々ありますが、その逆は非常にまれ。しかも、女性誌に極秘ハワイ旅行が報じられた際、空港で竜聖アナに荷物を運ばせるなど、彼女のドSっぷりが際立っていました(笑)。ふたりの関係が生々しく妄想できるという点も踏まえ、スキャンダル部門賞は秋元優里アナしかいないでしょう!」

さぁ、お次は「フリーアナ部門」。今年は家庭の事情でやむなく退社し、フリーに転向する女子アナが目立った。なかでもフジテレビの中野美奈子アナやTBSの竹内香苗アナ、テレビ朝日の石井希和アナは夫の海外転勤に同行するため、局を後にしているのだ。


グラフェス2017

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • August 7th, 2017
  • No.33 Aug 14th 2017
  • No.32 Aug 7th 2017
  • No.31 Jul 31st 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】わちみなみ、Hカップ現役JDアイドル

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017

メルマガ会員&アンケート 2017年No.34&35