週プレNEWS TOP ニュース 社会 「日本の国防軍創設は右傾化ではない、健全な国になるだけ」との声

ニュース

「日本の国防軍創設は右傾化ではない、健全な国になるだけ」との声

[2013年01月02日]

政権公約の中で堂々と「国防軍の創設」「憲法改正」などを盛り込んでいる安倍新政権。これに対し、さっそく中国や韓国は警戒を強めているが、果たしてこれは日本の右傾化なのだろうか。

中国出身の評論家・石平(せきへい)氏は、国防軍の創設に関して国際的には当然の流れだと言う。

「国際社会で生き延びていくためには、最低限それぐらいしないと自殺行為です。戦後からの脱出が安倍政権から始まる。中国も韓国も『日本が右傾化している』と批判しますが、中韓のほうが日本よりも右傾化しています。日本が国防軍を持つことは右傾化でもなんでもありません。普通の国、健全な国になるということです」

議席数で見れば絶対安定多数を確保した安倍政権だが、外交問題を解決していくことはできるのか。

「中国との間で尖閣諸島が問題になるのは必至です。領土問題では必ず中国は争ってきます。日本側も国有化を撤回することはあり得ません。そこで気になるのが中国側の動きです。2012年11月15日には習近平新指導部ができましたが、習近平政権はかなりのタカ派なのです」(石平氏)

その兆候は、習近平政権が頻繁に使うキーワードにも現れているという。

「習近平政権は『民族の偉大なる復興』という言葉を頻繁に使っています。習近平は12月12日に広東省にある人民解放軍の陸軍と海軍艦隊を視察しましたが、その際に『偉大なる復興とは、強国の道、強軍の道である』と自ら解説しています」(石平氏)

それだけではない。もうひとつ、日本のマスコミが報じていない重大な変化がある。石平氏が続ける。

「広東省の部隊視察の際、習近平が新しい言葉を使っていたことに私は非常に驚きました。中国全土には7つの『軍区』があるのですが、彼が視察した広州軍区の呼称が『広州戦区』に変わっていたのです。つまり戦時体制を意識しているということで、非常に大きな変化です」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017