週プレNEWS TOP ニュース 社会 驚異の予言書『推背図』が暗示する中国の2013年

ニュース

驚異の予言書『推背図』が暗示する中国の2013年

[2013年01月08日]

桂林市は中国南部の原住民である広西チワン族の自治区にあるが、昨年12月にはここで1000人が参加する暴動が起き、警察車両が破壊されている。今年、この暴動がさらに大きくなったら、深川氏の解釈と見事に合致する。

「頌の説明にある『天心また人心の順(従)うを見る』、すなわち『天心(=共産党)が、再び民衆からの信頼を回復する』という記述は、現実の政治を見る限り希望的観測でしょう。実際には『相克相生馬前まず』。要するに、中国国内の反政府勢力や外国とのパワーバランスが拮抗して、先の手が打てない膠着状態が続くという意味ではないでしょうか」(深川氏)

さらに深川氏は、2013年は十干十二支でいうところ「癸巳(みずのとみ)」にあたる点にも注目する。

「癸巳の“癸”は一揆につながる言葉。古代中国では、宰相を『癸職』と呼び、“一揆”が起きない政治が求められました。ここから見ても、2013年に大きくクローズアップされるのは、やはり激化する民衆デモだと思われます。どちらにしても総書記に上り詰めたばかりの習近平にとって、早くも今年は政治生命をかけた正念場になるでしょうね」(深川氏)

2013年、中国の危機は民衆の暴動から起こる。『推背図』のそんな予言は、中国の現状と比べても、驚くべきことにほとんど違和感はない。

(取材・文/有賀 訓)

■週刊プレイボーイ3・4合併号「世界最強予言書『推背図』が語る2013年中国の悲惨なる運命」より


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018