週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 【競馬】さらば鉄人アンカツ! 伝説の名騎乗ベスト5

ニュース

【競馬】さらば鉄人アンカツ! 伝説の名騎乗ベスト5

[2013年02月16日]

1月30日、“アンカツ”の愛称で知られる安藤勝己騎手(52歳)が現役引退を発表した。

1976年に地方競馬の笠松でデビュー。その後、2003年に、史上初となる地方競馬から中央競馬(JRA)への移籍を果たすと、引退までの10年間でGI22勝。地方出身騎手のパイオニアとしてはもちろん、その優れた手綱さばきが競馬界に与えた影響は計り知れない。

その偉大な功績をたたえるべく、週プレが独断と偏見で選んだ5つのレースを振り返る!

●5位 2003年・高松宮記念(GI) ビリーヴ(1着)

中央移籍後わずか30日、初めて迎えたGIで、アンカツはいきなりタイトルを獲得した。

前年のスプリンターズS(ステークス)を制したビリーヴだが、続く香港遠征で大敗。このレースの前哨戦でも2番人気で9着と精彩を欠いた。

「それでも(アンカツさんは)内枠なら勝てるだろうと思っていたようです」

そう当時を振り返るのは、アンカツ取材をライフワークとし、著書に『安藤勝己の頭脳』などがある競馬ライターの亀谷敬正氏だ。

希望どおりに1番ゲートを引き当てたアンカツとビリーヴは、1番人気のショウナンカンプをマークするように3番手で追走。そして、直線で早々と先頭に抜け出す。ゴール目前、「安藤勝己、夢にまで見たGI制覇!」と叫んだのは、実況を務めたラジオNIKKEIの藤田直樹アナだった。実は藤田アナも1番ゲートに予感めいたものを感じていたという。

「これは勝ちそうだなと思い、10個くらいフレーズを用意していたんです」(藤田アナ)

初めてのGI勝利とは思えない堂々としたレース運びだったが、前出の亀谷氏によれば、

「『今ならもっと追い出しを我慢できた』と後に語っているので、意外と緊張していたのかも」

というのだから恐れ入る。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018