週プレNEWS TOP ニュース 社会 パソコン遠隔操作事件で容疑者の逮捕前取材がエスカレートした理由

ニュース

パソコン遠隔操作事件で容疑者の逮捕前取材がエスカレートした理由

[2013年02月20日]

4人もの冤罪被害者を出したパソコンの遠隔操作事件だが、犯人逮捕の陰で一部メディアの過激な取材合戦が行なわれていたという

冤罪被害者を次々に生み出したパソコンの遠隔操作事件で、2月10日、東京都江東区在住の会社員・片山祐輔容疑者(30歳)が威力業務妨害容疑で逮捕された。

4人もの誤認逮捕を生んだ前代未聞のこの事件、片山容疑者は警察の調べに対して、「まったく事実ではない」と一貫して容疑を否認しているが、元警視庁刑事の北芝健氏はこう語る。

「逮捕直後から、片山容疑者の“素顔”が大々的に報じられた。これは警察が『片山が本ボシだ』と確信している証明でしょう」

確かに、今回の一件では、逮捕直後からテレビや新聞が「猫好き」「オタク風」「人付き合いが苦手」など、片山容疑者の素顔を事細かに報じていた。

だが、その一連の報道を受けて、ネット上を中心に次のような疑問や批判が盛り上がった。

【なぜ、逮捕前の容疑者の姿がカメラに収まっているのか?】

【警察によるマスコミへの情報提供(リーク)があったのでは?】

【そのリークがマスコミの過熱取材を招き、捜査に気づいた容疑者が証拠隠滅、逃亡、自殺を図ったら、どうするのか?】

実際、NHKなどは逮捕前日、都内の猫カフェでくつろぐ姿を“盗撮”するなど片山容疑者に猛接近している。

メディアが逮捕前の容疑者の姿をカメラに収めていて、それを逮捕後に公開するケースはよくあること。しかし、今回の事件の犯人はサイバー空間を自由自在に飛び回り、捜査網をかいくぐってきたツワモノだ。警察からのリークなく容疑者を特定するのは難しいはずだし、盗撮取材もインパクトは大きかったが、やりすぎな感も否めない。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!