週プレNEWS TOP ニュース 社会 ファストフード業界で“チキン戦争”勃発の理由

ニュース

ファストフード業界で“チキン戦争”勃発の理由

[2013年02月23日]

大手ファストフードチェーンでは、チキンを使った新メニューや期間限定メニューが次々と登場している

近頃、ファストフード業界では、鶏肉を使った新メニューや期間限定メニューがやたら目立つ。

昨年末に「チキンタツタ」を期間限定で復活させていたマクドナルドは、1月4日から「チキンマックナゲット」(5ピース)を190円に値下げし、モスバーガーはかつて人気の高かった「マスタードチキンバーガー」(360円)を1月29日から期間限定で再販開始。また、牛丼の吉野家が、昨年11月30日から販売している「焼鳥つくね丼」(並盛390円)が約1ヵ月で300万食を売り上げたと発表すれば、すき家も1月17日から「新とりそぼろ丼」(並盛280円)で勝負を仕掛けている。少しさかのぼるが、東京チカラめしも、昨年9月から「からあげ定食」(490円)を商品ラインアップに追加している。

そう、まさに“チキン戦争”の様相を呈しているのである! でも、なぜ今、鶏肉を使った商品が次々と登場しているのか?

日本フードアナリスト協会所属のフードアナリスト広報委員、重盛高雄氏は「各チェーンの主力の牛肉メニューが抱える問題が要因」だと語る。

「まず円安や穀物価格上昇の影響で、今年度の平均牛肉輸入価格は昨年度より6.8%も上昇。この2月から牛肉の輸入規制緩和がされていますが、輸入価格が劇的に下がることは考えにくく、コストアップにつながっています。ですから、利益率の低い牛肉メニューより、単価の安い鶏肉メニューに白羽の矢が立っている」(重盛氏)

さらに、牛肉メニューの人気失速という要因もあるという。

「各チェーンともに、最近は主力の牛肉メニューの売り上げがあまり芳(かんば)しくないのではと思います。売れてないわけではないが、主力として心もとないというのが正直なところでは」(重盛氏)

牛肉メニューの不振の原因は?


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!