週プレNEWS TOP ニュース 社会 “飼い犬税”導入? 大阪・泉佐野で「放置ふんGメン」がフン闘中

ニュース

“飼い犬税”導入? 大阪・泉佐野で「放置ふんGメン」がフン闘中

[2013年03月17日]

昨年9月結成の「放置ふんGメン」。出動は週に3日、朝夕2時間ずつだが、苦労は絶えない

大阪府の泉佐野(いずみさの)市で「放置ふんGメン」が奮闘している。

その任務は路上に放置された犬のウンチを処理し、飼い主に街の美化を呼びかけることだ。

市のシルバー人材センターから要員を募ったため、平均年齢こそ約75歳と高齢だが、おそろいの黄色いジャンパー、帽子に身を包んだ彼らは週に3日、月・水・金曜の午前7時から9時、午後4時から6時にふたり一組となって、やはり黄色いボードを掲げる軽トラック2台に乗り込み、“ふん害”の多い住宅地やりんくうタウンの遊歩道をパトロールする。

ちなみに、テーマカラーの黄色は「目立つ色を選んだ」(泉佐野市環境衛生課の担当者)だけのこと。ウンチをイメージしたわけじゃない。念のため。

でも、犬のウンチなんて市の清掃局が掃除すればいい。なぜ、わざわざ「放置ふんGメン」なんてものを結成したのか?

話は昨年6月末にさかのぼる。

「2011年度だけでも市民から32件の放置ふん苦情がありました。関西国際空港とその対岸の泉佐野市は日本の玄関都市。そこに犬のふんが転がっているようではまずい。玄関都市にふさわしい美しい泉佐野市にしようと考えたのですが、現在、市は約1380億円もの借金を抱え、財政再建の真っ最中。犬のふんの清掃費用もままなりません。そこで昨年6月の市議会で、千代松大耕(ちよまつひろやす)市長が『飼い犬税』の導入の検討を表明したんです」(環境衛生課担当者)

市内の飼い犬登録は約5400匹。その飼い主から税金を集め、ウンチ回収費に充てようとしたらしい。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2