週プレNEWS TOP ニュース 社会 サイバー攻撃で狙われるのは個人のスマホだ

ニュース

サイバー攻撃で狙われるのは個人のスマホだ

[2013年03月19日]

スマホのアプリに“時限爆弾方式”のウイルスを埋め込んで大量にばらまき、警察や救急などのインフラを無力化する方法もあるという

中国によるアメリカへの「サイバー攻撃」問題により、これまで以上に世界中の企業でセキュリティ対策が重要視されている。しかし、サイバー攻撃で狙われる可能性があるのは、大きな組織だけではない。高い技術力を持つ日本の中小企業も警戒する必要があるのだ。

セキュリティ対策を専門に行なう、ラック社の広報担当、飯村正彦氏はこう語る。

「以前、東京都内の町工場から、熟練職人が作った設計図面のデータがすべて盗まれたという事案を耳にしました。設計データを盗めば、技術も、品質も、それがもたらす経済効果も、すべて盗んだのと同じことを意味します。世界的に開放されたマーケットの中で、日本企業が莫大な投資と技術の蓄積によって生み出した製品とまったく同じ機能を持った製品を、技術情報を盗んだ海外の企業が廉価で売りまくる。その一方で本来、世界にはばたくはずだった日本の企業は次々と潰されていく……ということにもなりかねません」

このケースが中国発と特定されたわけではないが、あらゆるコピー製品を生み出している中国の現状を考えると、同じような事例は山ほどあると見て間違いない。

さらに、技術や情報のみならず「人材」までも、サイバー攻撃を利用して流出させられているという。飯村氏が続ける。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018