週プレNEWS TOP ニュース アイドル 『ももいろクローバーZ』マネジャー・川上アキラの芸能界トップを獲るための“戦略”とは?

ニュース

『ももいろクローバーZ』マネジャー・川上アキラの芸能界トップを獲るための“戦略”とは?

[2013年03月26日]

「“点”で一瞬だけ目立つんじゃなくて、その後につながらないとダメだと思っている」と語る川上アキラ氏

今、日本で一番話題のアイドルグループ、ももいろクローバーZの結成当初からマネジャーを務める、川上アキラ氏。ライブでは自ら解説席に座るなど“名物マネジャー”として知られているが、そんな川上氏がこの職業を選んだきっかけや、彼独自のマネジメント術などを赤裸々に聞いた。

***

―まずは、川上さんのバックボーンとなっているものを教えていただけますか?

「やっぱり、子供の頃に触れた『キン肉マン』や『北斗の拳』でしょうね。特に、主人公たちが“友情”を胸に闘っていく姿を見て、僕の人格は形成されたと思いますよ。あとは、小学生の頃からずっとラジオが好きでした。三宅裕司さんの『ヤングパラダイス』や、吉田照美さんの『やる気MANMAN!』とか。“テレビよりラジオが好き”っていう子供でしたね」

―主流からそれた“尖ったもの”が好きだった?

「というより、単純に“面白いこと”に惹かれたんだと思いますけどね。テレビでも『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』とか、『1or8』みたいな“サプライズ性”のあるものが好きでした。ただ、いろんなハチャメチャなことをやっていても、最後は感動にたどり着くというストーリーがあるからこそ、面白かったと思うんですよね」

―この業界に入ったきっかけは?

「大学のときに、ADのバイトをしたのが一番最初。その頃はテレビの現場がめちゃくちゃ厳しくて、1ヵ月家に帰れないっていうこともありました。だけど、僕にとってはその業界のシゴトが面白かったんですよ。その後、普通にホームセンターに就職しようとしていたんですけど、求人誌を見たら今の事務所(スターダストプロモーション)の募集が出てて、一度くらいは遠回りしてもツブシがきくんじゃないかと思って応募してみたんです。それが大学4年生のとき。だから、マネジャーになって役者を育てたいとか、特別に思ってたわけじゃないんですよね」

―芸能事務所に入った当初はどんなシゴトをされていたんですか?

「しばらくは見習いの見習い。運転手みたいな感じです。上司が『現場に学べ』っていう人だったんで、タレントの送り迎えをしながらいろんな現場を見させてもらって。最初は安藤政信さんに付いてたんです。現場のことはすべて彼から教わりました。それから、梅宮アンナさんにも『車はこうやって運転するんだよ』って教えてもらったりしたなぁ(笑)」

―そして、マネジャーとして最初に担当されたのは、沢尻エリカさんですよね?

「そうなんですが、実は入社当初、小学6年生の彼女が面接に来たときに、僕もその場にいたりしたんです。何か“縁”があったんでしょうね。しばらくして、『週刊ヤングジャンプ』の編集の方から「制コレ」(「制服コレクション」。当時、ヤングジャンプが主催していた新人アイドルオーデイション)のお誘いをいただいたときに、彼女に『やってみないか?』と声をかけて」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017