週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 今すぐ欲しい! 空気清浄機の選び方

ニュース

今すぐ欲しい! 空気清浄機の選び方

[2013年04月04日]

量販店では例年とは比較にならない売れ行きの空気清浄機。チョイスはけっこう悩ましい

毎年の花粉、黄砂に加えて今年はPM2.5まで! せめて自分の部屋にいるときくらいはきれいな空気を味わいたい……。というわけで、空気清浄機がバカ売れ中だが、その実力はいかほど? 各メーカーが競う独自技術、値段、使い勝手などを徹底検証した。

■超強力フィルターの意外な落とし穴!

「スギ花粉、これでもくらえ! プラズマクラスター! 黄砂もかかってこい! HEPAフィルター! PM2.5もまとめて分解してやる! 光速ストリーマ!」

家電量販店の店頭でスーパーロボット大戦ばりにポーズを決めて叫んでいるのは、毎度おなじみ家電ジャーナリストのじつはた☆くんださん! さてはお花見の宴会芸の練習ですか?

「何をのんきなこと言ってるんですか! 今、日本の空気が“毒”だらけになっていることくらいは知っていますよね。スギ花粉、黄砂、PM2.5……。もう考えるだけで目鼻がかゆくなってきます。そんな汚れまくった空気からわれわれを守ってくれるのがスーパー技術満載の空気清浄機です。ヒーロー視するのは当然でしょう!」

確かに、これだけいろいろなものが飛びまくっていると、一家に一台くらいは欲しいところ。

ただ、空気清浄機って各メーカーの製品の性能の違いがわかりにくいです。どれを選べばいいんでしょうか?

「ズバリ、私のメインの一台は、強力な『電気集塵(しゅうじん)+光速ストリーマ』方式を採用し、コストパフォーマンスも高いダイキンの旧モデル『TCK70M』です! 実勢価格は3万円以下。室内でも花粉症の症状がひどい人や、PM2.5対策をしたい人にとっては、最強の用心棒です」

なるほど~。今回は素晴らしい情報をありがとうございました!

「ちょ、ちょっと待ってください。実は週プレ読者にオススメするにあたって、ちょっとだけ引っかかっている点がありまして、そのサイズ(高さ61×幅39・5×奥行き28・7cm)と使用時の音が、ひとり暮らしのワンルームでは気になるかもしれないのです。その存在感と音をたとえて表現するなら、自分の部屋に“番長 清原”がいて、ブンブンとバットを素振りしているようなイメージです」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018