週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 潜入密着! “ジェネリック家電”はこうしてできる

ニュース

潜入密着! “ジェネリック家電”はこうしてできる

[2013年04月10日]

山善がトップシェアを誇る扇風機は、圧倒的な安さとシンプルな機能で売れに売れた。その中から生まれたのが、この「究極の省エネ扇風機」YHX-AD30だ

あまり名を聞かないメーカーが製造する激安商品なのに、有名メーカーの人気商品に負けない性能を持つ“ジェネリック家電。それらは有名ブランド製品とは違って、なんとなく作られ、なんとなく販売されていると思うかもしれない。だが、それは大間違い。その陰にはアツく燃える人々がいるのだ!

【1、商品企画】 消費者のニーズを探せ!

企業間では有名だったが、一般の消費者にとってはなじみの薄かった会社が、ある製品によって広く存在を知られることになった。

その会社の名は「山善」。そして、その製品は“扇風機”。

昭和の遺物と思われていたローテク家電が脚光を浴びたきっかけは、3・11東日本大震災だった。福島第一原発の事故から始まった電力不足。国を挙げての節電のなか、人々が猛暑の夏を乗り切れたのは扇風機の涼風のおかげだったのだ。

閉塞感(へいそくかん)に満ちたデフレ経済のなかにあって、山善の扇風機は売れに売れた。最大の武器は大手メーカーにはまねのできない圧倒的な安さと、基本動作のみに機能を絞ったシンプルさ。

実は、山善がトップシェアを誇るのは扇風機だけではない。ホットカーペット、たこ焼き器、コタツ……。いずれも数千円で買える背伸びしない価格帯。大手メーカー製と同等の性能を持ちながら、販売価格では大きく下回る、まさに“ジェネリック家電”だ。

2012年、山善は350万台もの扇風機を売りまくった。だが、その数字と内容に満足しない男がいた。彼の名は森貴紀。主任として山善の東京通販課を支える敏腕営業マンだ。

「ただ売れればいいのか? ただ安ければいいのか? 扇風機はまだまだ節電できるはずだ。安くて便利で省エネ、これこそ市場が本当に求めている製品ではないのか……」

そんな森主任たちの声が、山善の商品開発担当者に届いた。

「わかった。それならDCモーターを使えば50%以上も節電できる。お客さまに喜んでもらえるのは間違いない。ただ、高価なDCモーター搭載の扇風機を安く売るには、膨大な数の生産と販売が必要だ。本当に営業の協力は得られるのか……」

もちろん、森主任ら営業サイドに異存はなかった。

「よし、DCモーター搭載の省エネ扇風機を作って、お客さまを喜ばせよう!」

しかし、実現するには新たに販路を広げなければならない。そのとき、森主任の脳裏をある会社の名前がよぎった……。

中国にある山善の製造工場のひとつ。コストを抑えながらも品質は落とさないように、製造工程はしっかり管理


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20