週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 孤高の北朝鮮ストライカー、チョン・テセ「道なき道を歩んでいるプライドはある!」

ニュース

孤高の北朝鮮ストライカー、チョン・テセ「道なき道を歩んでいるプライドはある!」

[2013年04月20日]

強豪の水原三星では開幕スタメンの座をゲット。ACLでは日本の柏とも対戦。「成長した姿を見せる」と燃えるチョン・テセ

希有(けう)な人生である。生まれ育った日本でプロサッカー選手となり、韓国籍ながら北朝鮮のパスポートを取得し、W杯にも出場したチョン・テセ。そして、新たな挑戦の地に選んだのが「自分の中で一番遠い国」と話していた韓国だ。彼は今、何を思うのか? 現地で直撃した!

■韓国でこんなに注目されるとは……

Jリーグの川崎フロンターレでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートし、2010年には北朝鮮を44年ぶりのW杯出場に導いたチョン・テセ。

大会後にはドイツ・ブンデスリーガ2部のボーフムに移籍。1年目から25試合に出場して10得点を叩きだし、ストライカーとしての能力の高さを見せつけた。

その活躍が認められ、昨年1月に同1部の名門1FCケルンにステップアップを果たす。だが、チームの低迷とともに自身も出場機会を得られず、悶々とする日々を過ごしていた。そして、チームは2部降格。プレーすることに飢えていた彼が選んだ新天地は、祖父母が生まれた地である韓国・Kリーグの強豪、水原三星(スウォンサムスン)だった。

驚くべきは、現地での注目度の高さだ。今年1月、ソウル近郊にある仁川(インチョン)国際空港に初めて降り立ったときに集まった記者は約100人、テレビカメラは15台ほど。現在でも、試合前後のニュースでチョン・テセの名前が出ない日はなく、韓国では完全にスター選手。取材のために招待してくれた自宅の高級マンションも自家用車もチームが用意したというから、期待の高さがうかがえる。

―移籍当初はかなりのフィーバーぶりだったようですが、あらためて韓国ではどのように受け止められているのですか?

テセ 自分で言うのもなんですが、それなりの注目度はあると思います。水原に移籍する前、昨年夏に韓国のテレビの人気バラエティ番組に出演していたので、ある程度は予想していましたけど、さすがにここまで注目されるとは思っていませんでした。(韓国代表の主力は海外でプレーしているため)Kリーグに注目選手がいないという事情もあると思います。そういう意味で、朝鮮代表FWでもある“チョン・テセというブランド”に光が当たりやすかったんでしょうね。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27