週プレNEWS TOP ニュース 社会 自衛隊の「サイバー空間防衛隊(仮称)」は機能するのか?

自衛隊の「サイバー空間防衛隊(仮称)」は機能するのか?

[2013年04月30日]

中国のサイバー攻撃に悩まされているアメリカのオバマ政権が、反撃を検討している。海外メディアの報道によれば、報復として相手の攻撃を無力化するサイバー工作を仕掛けるほか、貿易制裁、外交圧力など政治的な圧力による対抗措置も提案されているという。

世界に巨大な影響力を持つアメリカらしい考えだが、翻って日本が外国からサイバー攻撃を受けたとき、どれほどの反撃策を講じることができるだろうか。

陸上自衛隊初のサイバー戦部隊となる「システム防護隊」の初代隊長を務め、現在は「ラック・サイバーセキュリティ研究所」の所長である伊東寛氏が、サイバー攻撃に対する日本の防御力を説明する。

「まさに今、自衛隊に『サイバー空間防衛隊(仮称)』という組織の設立が予定されています。もしこれが動き始めれば日本のIT防御力がどれだけアップするかというと、残念ながらほんのちょっぴりなんです……」

伊東氏によると、「サイバー空間防衛隊」に配置される人員は、わずか100人程度の予定なのだという。

「サイバー戦の能力は人数だけで決まるわけではありませんが、他国に比べるとあまりに少なすぎる。中国のサイバー部隊は民兵も含めて40万人もいるといわれていますし、アメリカで2万人。韓国は現状500人ですが、今後大幅に拡充することが決まっている。そして北朝鮮にはサイバー部隊の精鋭が1000人から2000人います。日本の100人がどれだけ少ないかがわかりますよね。この人数でできるのは、日本全体を守ることではなく、防衛省のシステムを守ることだけでしょう」

かといって、警察にも期待はできない。

「ならば警察が動くのかといえば、犯人を捕まえることは仕事だけど、サイバー攻撃を食い止めることは自分たちの仕事じゃない、ということになりそうです。経済産業省や総務省だって、責任が重くて厄介なことは互いに押しつけ合うに決まっている。つまり、現状の縦割り組織のままでは、手の施しようがないのです」

もし中国や北朝鮮が本当にサイバー攻撃を仕掛けてきた場合、日本には防ぐ能力がないということだ。朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)関係者のL氏も警告する。

「北朝鮮国内と世界とは、インターネットでつながっていません。そして北朝鮮国民は、まったくといっていいほどITに依存しない生活を送っている。だから、外国からサイバー攻撃を受けても痛くもかゆくもない。ある意味、防御態勢は万全なのです。朝鮮労働党は優秀なサイバー戦士に高級アパートを与え、親の面倒まで見ています。だからIT技術者の国家や党に対する忠誠心は高く、命じられれば迷わず攻撃を仕掛けると思います」

中国だけでなく、北朝鮮のIT技術もかなり進歩していることがわかってきている。だが、それに対し、日本のIT防衛力は最低の水準にある。安倍政権には、いち早くサイバー攻撃に対する備えを充実させてほしいところだ。

(取材・文/本誌北朝鮮取材班)


増刊告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

  1. 1 “ビリギャル”から脱皮し石川恋が可愛くない素顔のグラビアを披露?「違う自分はまだまだあるんじゃないかと思います」
  2. 2 副業のヌードモデルを地上波で公表し話題の女芸人・熊本アイ「なんでもいい。名を残して死にたいんです」
  3. 3 面接で即グラビア掲載決定した東京理科大に通う20歳現役女子大生。きっかけは「彼氏にフラれて自分を変えたいなって…」
  4. 4 25年間、同じクルマに乗り続けて走行距離25万㎞超! 女優・伊藤かずえの覚悟とは…
  5. 5 5年のブランクから復活した人気ギャグ漫画家・うすた京介「実は、今の若いコの感覚がわからないんですよ」
  6. 6 脱がせる時は慎重に…人気コスプレイヤーのオリジナル“束縛系”ランジェリーが大反響!
  7. 7 野球好きタレントで一番になりたい! 稲村亜美が水着で“神グラビア”「でもプロ野球選手はやめとけってよく言われます(笑)」
  8. 8 “ランドセルが似合うFカップアイドル”と大反響の長澤茉里奈が自慢の入浴セクシー「おっぱいが好きな人にはたまらんはずです」
  9. 9 稲村亜美が“神グラビア”で侍ジャイアンツに挑戦!? 103キロ始球式には陰のコーチ指導が…?
  10. 10 “フクイチ”で新たな恐怖! 海外の研究者や政府関係者が不安視、苛立つ最悪の「地底臨界」危機進行中?

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】“神スイング”で話題になった稲村亜美が見せるビキニでスイング!

もっと見る

Back Number

  • No.19-20 May 16th 2016
  • No.18 May 2nd 2016
  • No.17 Apr 25th 2016
  • No.16 Apr 18th 2016

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 石川恋『LOVE LETTERS』
  • ダレノガレ明美『ENJO』
  • 『AKB48総選挙! 水着サプライズ発表2015』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』
  • 松井珠理奈 ファースト写真集『Jurina』

 

メルマガ会員&アンケート 2016年増刊号GW

メルマガ会員&アンケート 2016年No.19&20