週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 結局のところ、賃貸と持ち家はどちらが得なのか?

ニュース

結局のところ、賃貸と持ち家はどちらが得なのか?

[2013年05月08日]

賃貸と持ち家を購入した場合のシミュレーション。合計額にはさほど差はつかないが、支出がかさむ時期が大きく違うことに注意したい

アベノミクス効果によりマンションなどの不動産価格も上昇中。マイホームの購入を考える人はさらに高騰する前に買うべきか焦るかもしれないが、そもそも一生というスパンで考えた場合、賃貸と持ち家ではどちらが得なのだろうか?

「家計のホームドクター」をモットーに、資産運用や不動産購入などの相談業務やセミナー講師をつとめる、三輪鉄郎事務所所長でファイナンシャル・プランナーの三輪鉄郎氏が解説する。

***

借家や賃貸マンションで暮らすか、マイホームの購入か。一生のうちで誰もが一度は考える問題でしょう。実際、この質問は非常に多くの方々から受けます。

しかし、残念ながらすべての人に当てはまる回答はできません。

マンションや一戸建てを借りた場合の賃料や、持ち家購入時の自己資金、将来のリフォーム費用など、条件を変更すると結果は大きく変わってしまうからです。

そのため一概に「どちらが得」とは言い切れませんが、モデルケースをつくってシミュレーションしてみました。比較表を一応の目安にしながら、賃貸か持ち家かをあらためて検討してはいかがでしょう。

ここで比較したのは、30歳から80歳までの51年間です。

賃貸のケースでは、独身時代に住む家賃8万円の部屋から、人生の節目に応じて2回ほど転居する設定にしました。38歳から59歳までは結婚、子育ての時期で、広い賃貸住宅で暮らすこととします。

60歳以降は成人した子供が独立し、夫婦ふたりだけの生活に戻るため、再び家賃の安い賃貸住宅に引っ越すと仮定しました。

一方、購入のケースは、価格2600万円、諸経費200万円、合計で2800万円のマンションを想定。自己資金500万円、住宅ローン2300万円で購入する場合を設定しました。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017
  • No.45 Nov 6th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48