週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 “純文学の野生児”が暴く世間の嘘。『「まじめに生きろ」なんて声、蹴飛ばさなあかん』

連載コラム

“純文学の野生児”が暴く世間の嘘。『「まじめに生きろ」なんて声、蹴飛ばさなあかん』

[2013年06月18日]

「ダメなまま何もしない僕の小説の中のあいつらは、“だからこそ偉いんや”って思ってます」と語る山下澄人氏

俳優・劇団主宰・映画監督として孤高の活動を経て、2012年の初の単行本『緑のさる』でいきなり野間文芸新人賞を受賞。同年発表の『ギッちょん』も芥川賞候補と、今、最も注目を集める作家・山下澄人

突如として現れた“純文学の野性児”に、世を嗤(わら)い世間の嘘を暴く言葉を聞く。

―山下作品って、登場人物全員、まるで夢も向上心も欲すらもない。すべて受け入れてますね?

「……僕、神戸生まれで、阪神・淡路大震災で家が壊れて、その後に親父も死んだんですね。運命が突然あっけなく変わるのを20代で経験して。おまけに、うちの父、ええかげんな人間やのに年金手帳だけは熱心に持ち続けて、ようそれで母とけんかしてました。『手帳どこやったんや』って。けど、年金もらう前に本人は死んでもうた。『なんだこれ? しゃあないなぁ』って思ったんですよね(笑)。

でも実際、人が急に死ぬのも人がダメになるのもしょうがないことでしょ? なのに、しょうがないことに無理に意味をつけたり抗(あらが)ったりする人たちがいて、そういう人に僕は異論がある。『インチキやろ、それ?』って思うんですね。そんなインチキを引きはがしたい。ダメなまま何もしない僕の小説の中のあいつらは、“だからこそ偉いんや”って思ってます」

―『ギッちょん』の主人公も何にも抗わず生きてますね。アイスピックを人の掌に突き刺し、プロレスラーの恋人と外国へ駆け落ちし、盲目の黒人にすごい事実を知らされ、ホームレスになる……。そしてそんな彼の生涯が、時間軸を無視した形で描かれます。基本、普通の小説なら時間の流れは一方向ですが、この作品はなんの予告もなしに時間が行ったり来たりする。通常ではあり得ない形式なので読んでいて戸惑いつつ、でもどんどんその奇妙な感じに引き込まれ、最後はずんと腑に落ちました。

「僕の小説がすごい奇妙な形式だっていう人がいますけど、全然そんなつもりなくて。だって、あらゆる時間は実は全部同時に頭ん中流れてるやん」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018