週プレNEWS TOP ニュース 社会 掲示板で「痴漢して」……なりすましと実行犯、どっちが悪い?

ニュース

掲示板で「痴漢して」……なりすましと実行犯、どっちが悪い?

[2013年06月27日]

今年4月30日、JR和歌山線の車内で女性(当時23歳)に痴漢をはたらいた元介護士の男(26歳)が逮捕された。

普通なら、これで一件落着というところだが、男は罪を認めるどころか、「被害女性とは合意の上で痴漢をした」と妙なことを言い出したのだ。“合意”を結んだとするのはインターネット上の痴漢プレイ愛好家交流掲示板。被害女性の「痴漢してほしい」との書き込みを男が見つけ、女性の座席位置や服装などを確認した上で、痴漢に及んだというのだ。

しかし、当の女性は「サイトを利用したことはない」と合意そのものを否定。実際に女性の携帯電話やパソコンから同掲示板へのアクセス履歴もなかった。ここで、被害女性に“なりすまし”て掲示板に書き込んだ犯人がいる可能性が出てきたのだ。

そして、5月中旬に大阪国税局の男性職員(49歳)が「自分が(被害女性のフリをして)書き込みをした」と出頭してきた。現在、強制わいせつの教唆(そそのかしの意)の疑いなどで男性職員の供述の裏づけを進めており、元介護士の男も5月21日に処分保留で釈放。両者とも和歌山地検の処分を待っている状態だ。

合意したと思い込み、女性に痴漢をした“実行犯”と、女性のフリをしてウソの書き込みをした“なりすまし犯”。いずれも罪深いことには変わりないが、法律の観点からはどちらの罪が重いのだろうか?

日本大学法学部名誉教授の板倉宏(ひろし)氏はこう見る。

「やはり“実行犯”のほうが罪深い。女性になりすました犯人がいたからといって、事実、痴漢をしたのは彼なんですから」

一方、リンク総合法律事務所の紀藤正樹(きとう・まさき)弁護士は反対の意見だ。

「すでに釈放されている実行犯はこのまま嫌疑不十分で不起訴になると思います。問題は“故意”に犯行を行なったのはどちらかということです。女性と合意していると思い込んで痴漢していたなら“過失”です。逆になりすまし犯は、『痴漢をさせたい』という自らの目的で実行犯を利用したと考えられるため“故意”と判断できます。迷惑防止条例違反か強制わいせつ罪に問われる可能性がありますね」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27