週プレNEWS TOP ニュース 社会 自民党の憲法改正案で書き加えられた「公益・公の秩序」で、表現の自由が規制される?

ニュース

自民党の憲法改正案で書き加えられた「公益・公の秩序」で、表現の自由が規制される?

[2013年07月01日]

先月23日に行なわれた東京都議選で、擁立した候補者59名全員が当選するという圧勝を収めた自民党。夏の参院選でもこの勢いは持続しそうだ。

その参院選で大きな争点となるのが、自民党が推し進める「憲法改正」だろう。まず最初に、平和憲法である9条を思い浮かべる人も多いだろうが、実は自民党の改憲案を見ると、ある意味、9条より深刻かもしれない問題点が潜んでいる。それが21条だ。

現行憲法21条では、【集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する】と定めている。

これに対し自民党の改憲案では、第2項として、

【前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない】

という条文を新たに書き加えている。

注目すべきは「公益及び公の秩序」である。実はこの言葉、12条「国民の権利及び義務」でも「公共の福祉」がこの言葉に書き換えられるなど、自民党の改憲案で何度も登場するキーワードなのである。

そこにどんな意味が込められているのか。弁護士の山口貴士氏はこう説明する。

「現行の憲法にある『公共の福祉』とは、『人権相互の調整原理』です。人権同士がなんらかの理由で衝突する状況において、ほかの人権を守るための調整が必要になり、その基準を意味します。自民党の改憲草案にある『公益及び公の秩序』は“公”、つまり国が考える公益なり公の秩序からの逸脱を抑制することが前提にあり、『公共の福祉』とはまったく異なる概念です」

ちなみに、「公共の福祉」の考え方については、「人権相互の調整原理」以外にも諸説ある。例えば、国家などの共同体が定める“公共”も人権を制限できる、というものだ。この場合、自民党改憲案の「公益及び公の秩序」との違いは名称以外あまりない。


馬場ふみかカレンダー

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.31 Jul 31st 2017
    • No.30 Jul 24th 2017
    • No.29 Jul 17th 2017
    • No.28 Jul 10th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小倉優香、いま日本で一番水着が似合う女の子!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.31