週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー au版iPhone5が“パケ詰まり”するワケ

ニュース

au版iPhone5が“パケ詰まり”するワケ

[2013年07月05日]

ネット接続に時間のかかる“パケ詰まり”が多発しているとされたau版iPhone5。改善は難しい?

ある民間機関が6月中旬、東京のJR山手線6駅でLTE対応スマホのネット接続調査を行なった。使用したのは大手3キャリアの代表的アンドロイド端末各1機と、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル(SBM)両社のiPhone5の計5機種。

その調査で意外な結果が出た。ネットにつながりにくい状態のいわゆる“パケット詰まり(パケ詰まり)”が起こる確率が最も高かったのは、au版iPhone5だったのである。

auといえば、充実した通信インフラに支えられた“つながりやすさ”が売りのキャリアだったはず。なのに、どうして同社のiPhone5はパケ詰まりを起こしやすいのか? 携帯電話ライターの佐野正弘氏が教えてくれた。

「auはもともと自社のメイン周波数である800MHz帯域で、アンドロイド機も含めたLTE通信網を構築しようとしていた。ところが、iPhone5は端末の仕様上、日本では2GHz帯でしかLTE通信できないことが、発売直前になって判明したのです」

auは2GHz帯の周波数も持っていたが、当初LTE通信には対応していなかった。

「そこで2GHz帯でのLTE通信網を突貫工事で作り上げました。しかも、800MHz帯でさえ、LTEサービス開始は昨年11月からだったのに、iPhone5のLTE通信は、端末の発売に合わせて9月に前倒ししたのです。だから、2GHz帯がまだ整備途上で、しわ寄せはパケ詰まりとなって現れたのです」(佐野氏)

一方、昨年前半までのSBMは2GHz帯と1.5GHz帯しか持っていなかったため、最初から2GHz帯でLTEの準備を進めていた。だから、同じ帯域を使うiPhone5がうまくハマり、LTEサービス開始当初からスムーズにつながっていたわけだ。しかも、このところ通信インフラ整備に力を入れているSBMは、ネット上で同社ユーザーがこぼすパケ詰まりへの苦情をこまめにチェックしている。

「そうやって、どの場所でパケ詰まりが起こっているかを洗い出し、特に東京都心部で重点的に“ネガ潰し”をしてきたからこそ、今回の調査でau版を凌駕できたのでしょう」(佐野氏)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18