週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 裏モノ系ライターが遭遇したイラクよりも北朝鮮よりもヤバイ現場

連載コラム

裏モノ系ライターが遭遇したイラクよりも北朝鮮よりもヤバイ現場

[2013年07月16日]

数々のヤバイ現場を取材した石原行雄氏が婚活取材で踏んだヤバイ“地雷”とは…?

海外の戦場、秘境から国内の裏モノ、エロ系まで。あらゆる「ヤバい現場」に“無差別突撃”を敢行し、取材の裏側までを書き尽くした生々しい現場報告が『ヤバい現場に取材に行ってきた!』だ。著者の石原行雄氏に聞いた。

-普通、裏モノ系ライターの方はイラクやアフガンへ戦場取材には行きませんよね? しかし石原さんは全方位どこでも赴く。なぜそんなに振り幅が広いんですか?

「俺は“現場”を差別したくないんです。戦争取材がすごくて風俗体験ルポはくだらないなんて全然思わないし。だからこの本でも、海外のイラクの爆弾テロ現場や北朝鮮、カンボジアと日本国内の闇フーゾクやゴミ屋敷、大麻栽培場なんかを、あえて“ヤバい”ってくくりだけで同列に並べたわけです。戦場へもエロ現場へも、結局は原稿料稼ぎに行くんだしね。

けど、行けばどの“現場”もまず先入観や思い込みを見事に裏切ってくれます。イラクじゃ俺なんかにも兵士たちは『この戦争の現実を頑張って日本に届けてくれ!』と訴えてくる。戸塚ヨットスクールも怖いもの見たさで行ったら戸塚宏校長に延々とマスコミ批判を浴びせられて『こりゃ失敗したなー」と思ったけれど、その後『本気で書く気なら書いてみろ!』と全面取材させてくれた」

*戸塚ヨットスクール 問題を抱える少年の更生を目的とした私塾。かつて生徒への傷害致死で戸塚宏校長が服役するも、現在も活動中

-大麻栽培のドラッグディーラーも本来は取材なんか受けないのに石原さんにはOKが出ています。

「結局、誰しも自分のやってることを誰かに聞いてもらいたいんでしょう。売人なんか特に孤独だから。その孤独の隙間に俺は忍び込むだけ」

-カンボジアの売春村で、6歳の売春少女ふたりが、命がけで潜入した石原さんになついて無邪気にハシャぐのもすごい場面でした。

「売春村の連中に取材がバレるとマジにヤバいから俺はビビりまくってたんだけど、少女らは逆に害のない、何もしない客とわかると『じゃあ一緒に遊ぼ!』となる。愛情に飢えてるんです」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017