週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 松坂以来の大フィーバー! ファンも評論家も桐光・松井にホレ込むワケ

ニュース

松坂以来の大フィーバー! ファンも評論家も桐光・松井にホレ込むワケ

[2013年07月28日]

17日に行なわれた桐光学園vs上矢部高校戦。松井裕樹見たさに、平日にもかかわらずこのにぎわい!

桐光学園の“ドクターK”こと、松井裕樹(ゆうき)投手(17歳)の人気がすさまじい。

松井といえば、昨夏の甲子園で、1試合22奪三振の大会新記録をマークした怪物左腕。今夏は神奈川県大会準々決勝で敗退してしまったが、華麗な奪三振ショーを見ようと、連日、多くのファンが詰めかけた。

初戦となった7月14日の相洋(そうよう)戦。試合開始は午前9時なのに、徹夜してチケットを買い求めるファンがいるなど、長蛇の列ができてしまった。その数約500人!

球場側は慌てて予定を25分早め、午前7時35分に開門。外野席も開放するなどの対応に追われるほどだった。

続く予選3回戦の上矢部(かみやべ)戦(7月17日)は、平日にもかかわらず、なんと3000人ものファンが押し寄せた。

球場行きのバス整理に当たっていた係員がこう驚く。

「今日は係員を増員しました。ここまでの態勢を敷くのは、横浜高校時代の松坂大輔フィーバー以来です」

松井が、これだけ人を引き寄せる理由はなんなのだろうか? スタンドのファンに聞いてみると、こんな熱狂的なラブコールが。

「松井クンって学食でご飯を食べている以外はだいたいボーッとしてる。野球に夢中でほかのことに関心がないからだろうけど、なんとか玉の輿を狙いたい(笑)」(桐光学園の女子生徒)

「昨夏の神奈川県大会決勝で、桐蔭学園相手に投げ勝ったゲームを見てファンになりました。2回もデッドボールを受けて、それでも最後まで投げきった彼の雄姿に感動して、涙が出ちゃったんです。それ以来、彼の応援のために、夕方からの仕事へ転職しちゃいました。これなら昼間、球場で応援できますから」(20代女性)


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!