週プレNEWS TOP ニュース ビジネス 度重なる解雇から人生を大逆転させた“鉄人女”須田美貴「クビなんて大したことない。人生の肥やしだ、くよくよするな」

ニュース

度重なる解雇から人生を大逆転させた“鉄人女”須田美貴「クビなんて大したことない。人生の肥やしだ、くよくよするな」

[2013年08月23日]

これでもかとばかり襲いかかる災難を乗り越えた須田美貴さん。突き抜けた笑顔で、今は労働者の味方に!

「職場でヒドイ目に遭っている人を救いたい」―。そんな思いで現在、社労士として活躍中の須田美貴さん。セクハラ、パワハラ、不当解雇……。数々の地獄から這い上がってきた彼女に体験談を語ってもらった。

■“クビ”なんて、ネタにすればいい

始まりはセクハラだった―。

大学卒業後の24歳のときに就職した学習塾でのことだ。

「職場でふたりになると『今日は生理だね。顔を見ればわかるよ』などと言ってくる気持ち悪い上司がいたんです。もともと下ネタは平気なんですが、彼の発言にはどうしても耐えられなかった。課長に訴えても、『あ、そう』だけ。すぐに辞めました」

転職先の私立学校では……。

「ある日を境に先輩から『臭い』と言われ、職場イジメが始まりました。『臭いから』と職員室からも追い出され、理科準備室が私の職場に……。校長に助けを求めに行ったら、『いじめられるほうが悪い』とひと言。もうココでは働けないと思って学校を去りました」

退職後はバイトに明け暮れる日々。早朝は運送会社、昼はチラシ配り、夜は工場のライン……。その後、転職した労働保険組合事務所では労災隠しの被害者に。

「自転車で役所回りをしていたときに事故に遭い、労災の申請を上司にお願いしたんですが、『本部に知れたらどうするんだ。黙っとけ』と言われました」

次の転職先はブラック企業だ。

「有名な資格予備校ですが、業績不振を理由に突然、手紙で解雇を告げられました。あまりにも急なので翌日も出社し、デスクのパソコンを立ち上げようとパスワードを入力したらエラー表示……。しばらくすると人事部と監査部の社員がやって来て、『不法侵入で通報するぞ』『10分以内に出ていかないと私物を捨てるぞ』と言われ、やむなく会社を後にしました」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017