週プレNEWS TOP ニュース 社会 本人尋問でついに登場! 「武富士」創業家次男、武井健晃氏の狼狽ぶり

ニュース

本人尋問でついに登場! 「武富士」創業家次男、武井健晃氏の狼狽ぶり

[2013年09月14日]

週プレでも再三その経緯を伝えてきた、武富士創業家・武井一族を相手取った集団訴訟。

これは、武富士の経営破綻によって過払い金返還額を大幅に減らされたかつての利用者たちが起こしたもので、武井家の違法経営によって同社の財務が悪化し、しかも一族は倒産に至るまでの間、会社利益を不正に個人資産へと転換させていたのだから、返還額の不足分は武井家の私財で支払うべき―というのがその主張だ。

そして、8月30日、東京地裁で武富士創業者・武井保雄(故人)の次男にして元副社長の健晃(たけてる)氏に対する本人尋問が行なわれた。

この種の裁判で被告本人が召喚されるのは極めてまれ。司法も、武井家の会社支配の手法に強い疑念を抱いている証だ。となると、今回の尋問では健晃氏による経営の違法性と、会社利益を不正に私財へ転換させる手口を、彼の証言を通してあぶり出せるかどうかが焦点だった。

当日、東京地裁には開廷の5時間以上前から傍聴券希望者が列をつくり、最終的には98枚の券に対し、140人超の希望者が集まった。

武富士倒産後、初めて公の場に姿を現した健晃氏は、ノータイの白い長袖シャツに濃紺のパンツと地味ないでたち。シャツはクリーニングから帰ってきたばかりらしく、パリッパリのアイロン跡が。そして、尋問に先立つ宣誓では、『漫画ゴラク』の作品の悪役によくいがちな顔に似合わぬ猫なで声を聞かせた。裁判官に実直そうな印象を与えようという意図なのか。

ところが、そんな素人芝居は、原告側弁護団が仕掛けたある“飛び道具”によって引っぺがされてしまう。原告側尋問の冒頭、健晃氏がノルマを達成できなかった支店長を電話で脅し上げるやりとりをひそかに録音したテープが法廷内で流されたのだ。これはまだ武富士が健在だった頃、元支店長による残業代未払い訴訟の証拠として使われたものだ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018