週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 若手銀行員にアンチ『半沢直樹』が急増中

ニュース

若手銀行員にアンチ『半沢直樹』が急増中

[2013年09月19日]

15日の放送で瞬間最高視聴率が40%を超え、いよいよ22日の放送で最終回を迎えるTBSの人気ドラマ『半沢直樹』。今年のナンバーワン・ヒットドラマとなるのは間違いないだろう。

この人気の一方で、“アンチ半沢”の声を上げる若手銀行員が増えているという。どういうことか? 某大手銀行の若手社員(26歳)が不満を口にする。

「そもそも大手の銀行であれば、役員になる一部の人間を除くほとんどの社員がいずれは出向する運命。特別なことではないのに、ドラマの中では“出向=地獄行き”のように描かれてしまっているのに腹が立つんです。出向が決まった上司に声をかける際の気まずさが飛躍的にアップしましたよ! とぼけたふりをして『ご栄転おめでとうございます』などと言う作戦ももう通用しませんから……本当に『半沢直樹』はよけいなことをしてくれたと若手社員たちは口をそろえています」

タミヤ電機に出向中の半沢の同期・近藤を見ていると、誰でも“出向=地獄行き”と思ってしまうが……。銀行員でなければ分からないこともあるものだ。

ほかにもこんな嘆きの声が。

「毎週日曜の夜10時になると母が電話をしてきます。僕が出向したことを知っているので、近藤のようにつらい毎日を送っていると心配しているのでしょう。実際、僕の生活はドラマとかなり似た状況。翌日からの仕事がすでに憂鬱なのに、母からの電話が重なると目の前が真っ暗になります。『半沢早く終われ』が正直な思いです」(銀行から製薬会社に出向中・33歳)

こうした若手銀行員たちの不満について、元銀行員で会社員の心理法則を知り尽くしたビジネス便利屋の永嶋信晴氏はこう分析する。

「日曜の夜9時といえば、翌朝からの出社を前にサラリーマンの精神が最も敏感になっている時間帯。悪を撃退する様子を素直に楽しめる人はいいのですが、いろいろな立場があるので、心中穏やかじゃない方もいらっしゃるでしょう。また、ドラマながらリアリティにあふれていて、現実世界とのリンク度合いが高いのもアンチの声を上げる人が増える一因ですね」

元銀行員の原作者・池井戸潤氏が描く世界はリアリティがありすぎて、当の銀行員にしてみると身につまされることばかり……『半沢直樹』の完成度が高すぎるゆえの弊害か。

(取材/黄孟志)

■週刊プレイボーイ39号「若者の間で『半沢直樹』死ね死ね団急増中!!」より


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017