週プレNEWS TOP ニュース ビジネス 『日本でいちばん大切にしたい会社』著者・坂本光司教授が考える“正しい会社”とは?

ニュース

『日本でいちばん大切にしたい会社』著者・坂本光司教授が考える“正しい会社”とは?

[2013年10月21日]

「大企業じゃなくたって、日本にはこんな感動できる会社がある」と熱く語る坂本光司教授

ブラック企業がまかり通り、社員を切り捨てる企業倫理が幅をきかすこの時代に「こんな会社がまだ日本に……!?」「泣ける!」「感動した!」と絶賛される『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズで知られる坂本光司教授が“正しい会社”を熱血講義!

***

四十数年、中小企業の研究ひと筋できて多くの会社を見て突き詰めた結論は企業経営の王道とは「人を幸せにする」ことだと。儲かる、会社を成長させる、有名企業になることが使命というのは違う。それは結果としての現象にすぎません。

そういう「人を幸せにする」会社を世に知らしめるために書いた本のひとつが「日本でいちばん大切にしたい会社」シリーズです。そこで言い続けてるのは人本経営。社会的弱者の幸せづくりのために尽力している会社ほど正しいことはないんだよと。

社会的弱者のひとつは障害者。障害者が生まれる確率は遺伝子工学的に6%ですよ。生来の身体障害や知的障害に加え中途障害もある。自分がなるか、子供がなるか、友達がなるかだから見て見ぬふりなんてできないでしょう。

同時に、うつであるとか精神障害もすごく増えている。これは今の企業社会の問題ですよ。お天道さまが高いうちには帰ってくるなと営業マンに指示する、3人でやる仕事をふたりにやらせる、ベルトコンベヤーで流れる商品をひとり1時間で20個組み立てる……とかね。昭和30年代から始まったコストダウンはやり尽くしてるのに、さらに正社員がすべき仕事を非正規社員にやらせ、社内ですべき仕事を買い叩くために海外に出す。海外だっていやがりますよ。

つまり業績とかシェアとかランク、あるいは株主とかどうでもいいものを第一目標に経営をしてる企業社会がうつをつくってるんです。

私はその逆を証明しているだけで、人を大切にしている会社で滅びた歴史はないんだよと。社員、仕入れ先、地域住民、お客さまにこの会社があって良かったと思われる経営をすべきなんです。そういう会社は業績を追い求めてないのに結果として業績も高い。株主とかは一番最後でいいんです。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017